メイン画像

今週前半26日(月)~27日(火)は、東北の太平洋側を中心に雪や風が強まり荒天に警戒。後半29日(木)~3月1日(金)は南岸低気圧の影響で広く雨や雪。次の週末3月2日(土)は、強い寒気の影響で、九州~関東も最高気温は一桁で厳寒となりそうです。

3連休明け 東北の太平洋側で荒天警戒

画像A

3連休明けは九州~関東では太平洋側を中心に天気が回復し、28日(水)にかけて晴れる所が多いでしょう。花粉が多く飛ぶため、花粉症の方は対策を万全に行いましょう。

一方、東北の太平洋側では発達する低気圧の影響で、26日(月)夕方~27日(火)にかけて、大雪や台風並みの暴風に警戒が必要です。

27日(火)に予想される最大瞬間風速は、東北の太平洋側(陸上)で25~35m/sの予想です。

また、27日18時までの48時間に予想される降雪量は、三陸(岩手県沿岸)を中心に80センチ以上と、ドカ雪の恐れ。大雪や暴風雪警報が発表される可能性があるため警戒が必要です。

茨城や千葉など関東の沿岸も、27日(火)は高波に警戒、強風に注意ご注意下さい。

29日(木)~3月1日(金) 南岸低気圧

画像B

29日(木)~3月1日(金)にかけては、本州の南岸を低気圧が発達しながら東進する見込みです。いわゆる関東に大雪をもたらすこともある「南岸低気圧」です。まだ、先の予想のため、関東で雪になるかなど不確定な要素が多いですが、西日本・東日本では広く雨や雪が降る見込みです。前線付近では雨が強まり、内陸や山沿いでは湿った大雪になる恐れがあるため注意が必要です。

3月最初の週末 強い寒気南下で都心も厳寒

画像C

南岸低気圧が東へぬけた後、3月2日(土)は冬型が強まり、上空には強い寒気が南下する見込みです。降れば平地で雪の目安の寒気は本州をすっぽりと覆い、大雪の目安の寒気が北日本や北陸付近まで南下する予想です。日本海側は雪、晴れる太平洋側も寒さが厳しいでしょう。3月2日(土)の最高気温は、東京都心や名古屋、大阪で8℃、福岡は7℃と都市部でも一桁の予想です。

3月スタートも、まだ厳しい寒さや雪に注意が必要です。最新の情報をこまめに確認して下さい。