メイン画像

今夜は満月。今年の中では最も小さく見える「ミニマムムーン」となります。

地球から最も遠い満月

画像A

今日24日(土)は満月。今年の満月の中では地球から最も遠い位置で起こるため、「マイクロムーン」や「ミニマムムーン」とも呼ばれるそうです。

国立天文台によると今夜の月は、東京では午後5時14分に月の出となります。そして午後9時30分に満月を迎えます。ちなみに、地球から最も遠ざかる位置である「遠地点」を通過するのは、明日25日(日)の午後11時59分です。

満月のときの、地球の中心と月の中心との距離(地心距離)は、約40万6000キロメートルです。今年地球から最も近い満月のとき(10月17日)と比べると、地心距離は約5万キロメートル遠く、月の見かけの大きさ(地球から見たとき)は12%ほど小さくなります。

ただ、実際に夜空に月を並べて比較することはできないため、肉眼で月を見ただけでは、大きさの違いがあまり感じられないかもしれません。

2月は「スノームーン」

画像B

アメリカの農事歴によれば、2月の満月は「スノームーン(Snow Moon)」と呼ばれています。

2月の満月が「スノームーン」と呼ばれるようになった理由は、アメリカの地域や気候条件によっては、一年で最も雪の多い月のひとつが2月であったことが挙げられるようです。

満月に独自の名前をつけることで季節の移り変わりを捉えていた、アメリカの先住民からの伝統に由来するものです。

関東などで観測チャンスあり

画像C

今夜は北日本の太平洋側や関東を中心に晴れて、満月を眺めることができそうです。

西日本はだんだん雲が広がってきますが、中国地方や四国、近畿では雲の隙間から月の観測のチャンスがあります。

冷たい北風の吹く所が多いため、屋外での観測は、風を通しにくい服装が良さそうです。