メイン画像

三連休最終日の25日は九州~東北で天気が崩れそうです。上空の気温が低く、平地でも雪の降る所があるため、移動の際は注意が必要です。

広範囲で雨や雪

画像A

明日25日(日)は日本の南に低気圧が発生し、その後は東に進みます。低気圧や前線の影響で、三連休最終日は九州から東北の広い範囲で天気が崩れる見込みです。

九州から東海は午前を中心に、関東と東北は午後を中心に雨となる予想です。関東や東海の沿岸では、発達した雨雲のかかる所もありそうです。

また、上空の気温が低いため山沿いは雪となり、内陸では平地でも雪に変わる所がある予想です。

平地で積雪も

画像B

明日25日は山沿いや内陸部に雪雲がかかり、平地でも積雪となるおそれがあります。四国では明日昼前までに、多い所で平地で5センチ、山地で15センチの降雪が予想されています。

また、関東甲信でも山梨や長野を中心に積雪となりそうです。予想される雪の降る量は、山梨県で明日夕方までに最大5センチ、その後26日(月)夕方までの24時間に最大20センチとなっています。

東北も太平洋側などで、雪の量が多くなる所がある予想です。

三連休最終日に車で移動をされる方は、最新の気象情報や交通情報をご確認ください。