オールド97、ピーター・バックら参加の13thスタジオAL『アメリカン・プリミティヴ』完成

 デビュー・アルバム『Hitchhike to Rhome』から30年、オールド97(Old 97’s)が13枚目のスタジオ・アルバム『アメリカン・プリミティヴ』をリリースする。

 タッカー・マーティン(マイ・モーニング・ジャケット、ザ・ディセンバリスツ、ニーコ・ケース)がプロデュースし、ピーター・バック(R.E.M.)やスコット・マッコーイ(ヤング・フレッシュ・フェローズ、ザ・マイナス5)といったミュージシャンをゲストに迎えたこのアルバムは、米オレゴン州ポートランドのスタジオ、Floraで意図的に行われた一連のセッションで形作られた。

 「これは、プリプロダクションをゼロにした初めてのレコードだった。30年間一緒に演奏してきたことを活かして、選択ということを考えすぎず、その場で何かを思いついて、本能の赴くままに制作した」とレット・ミラーは指摘する。

 また、アルバムのタイトルは、スティーヴン・キングのサイコ・ホラー小説『悪霊の島』に登場する架空の芸術批評から引用された。「この1年間、結成30周年を記念してツアーを行ってきた中で、“バンドメイトと僕はこれほど長い間、親密な関係を築いてきた”という事実に、何らかの感情が沸き起こらないわけがなかった。長く続いたことは、僕たちはあの頃と同じバンドのままである、という事実に関係していると思う。様々な方向へ押し進める実験をしたり、バンドの外で新しいことを学んだりしたこともあったけれど、音楽へのアプローチの仕方は基本的に変わっていない。僕らの心は今も全く同じ場所にある」とミラーは語っている。


◎リリース情報
アルバム『アメリカン・プリミティヴ』
2024/4/10 RELEASE
ATO0667CDJ
<トラックリスト>
1. Falling Down
2. Somebody
3. American Primitive
4. Where The Road Goes
5. Honeypie
6. By The End Of The Night
7. Masterpiece
8. Incantation
9. Magic
10. Western Stars
11. Chased The Setting Sun
12. This World
13. Estuviera Cayendo