クルアンビン、4年ぶりのニューAL『ア・ラ・サラ』から「May Ninth」を公開

 クルアンビンが、ニュー・アルバム『ア・ラ・サラ』から「May Ninth」を公開した。

 この切ないミドルテンポの曲は、アメリカン・ルーツにインスパイアされたギター・ラインと空気のようなボーカルによって、バンドの特徴である暖かさを表現しており、注意深く聴けば鳥のさえずりも聞こえてくる。これは、クルアンビンがいかに自然音と人工音の両方をテクスチャーとして利用しているか、そしてアルバム『ア・ラ・サラ』が、いかにそのような相互接続されたセットとセッティングを実現しているかを示す一つの例である。

 クルアンビンの4年ぶりとなるアルバム『ア・ラ・サラ』は、<Night Time Stories>とのパートナーシップにより、2024年4月5日に<Dead Oceans>からリリースされる。バンドは、今作の内省的で祝祭的な特色を示す曲「A Love International」も先行公開している。

◎リリース情報
アルバム『ア・ラ・サラ』
2024/4/5 RELEASE
DOC357JCD 2,500円(plus tax)