メイン画像

今日16日、九州は冷たい北風が吹き、最高気温は前日より10度も低くなる所があるでしょう。週末から再び気温が上がり、来週19日(月)は九州で春一番が吹く可能性があります。

16日 寒さが戻る

画像A

今日16日、九州付近は一時的に冬型の気圧配置となるでしょう。九州は各地とも天気が回復し、日差しが戻りますが、冷たい北風が吹き、寒さが戻ります。最高気温は九州北部で13度前後と、前日より約10度も低くなる所があるでしょう。大きな寒暖の変化にお気をつけ下さい。
また、沿岸海上は北よりの風がやや強く、波が高くしける所もありますので、強風・高波にご注意下さい。

19日は春一番か 来週はぐずついた天気

画像B

週末、九州は移動性高気圧に覆われて、おだやかに晴れるでしょう。明日17日朝は放射冷却現象が強まり冷え込みますが、日中は寒さが和らぎ、過ごしやすくなる見込みです。18日(日)は暖かい南風が吹き、最高気温は一気に20度前後まで気温が上がり、春本番の暖かさになるでしょう。この暖かさで、スギ花粉の飛散が急増するおそれがありますので、花粉症の方は万全に対策を行いましょう。

そして、19日(月)は前線が日本海へ進み、九州付近は高気圧との間で気圧の傾きが大きくなるため、南よりの風が強まり、春一番が吹く可能性があります。20日(火)から22日(木)にかけて前線が九州付近に停滞し、曇りや雨のぐずついた天気になる見込みです。

来週にかけて寒暖の変化がかなり大きくなります。また、19日は南よりの風が強まりますので、強風にご注意下さい。

*「春一番」とは立春から春分の間にかけて、初めて吹く強い南よりの風のことです。九州北部地方は南よりの風が最大風速約7m/s以上で、気温が前日より上がること。九州南部は南よりの風が最大風速8m/s以上などを基本として総合的に判断して発表が行われています。