メイン画像
この記事の写真をすべて見る

この3連休は、関東は大体晴れますが、要注意なのが明日11日(日:建国記念の日)夕方~12日(月:振替休日)朝。関東南部では所々でにわか雨やにわか雪。大気の状態が不安定なため「あれら」が降る可能性も。ただ、降っても一時的。12日(月:振替休日)日中は晴れて、行楽日和となりそうです。

11日(日:建国記念の日) にわか雨・にわか雪に注意

画像A

この3連休、関東地方は大体晴れますが、要注意なのが明日11日(日:建国記念の日)。午前中は晴れますが、午後は上空の寒気の影響で大気の状態が不安定。夕方から所々で、にわか雨やにわか雪となるでしょう。「あられ」が降る可能性もあります。

12日(月:振替休日)朝にかけて、雨や雪が降りやすいですが、降る時間は短く、量も少ないでしょう。ただ、箱根などでは、みぞれや雪となりそうです。峠を越える車は、冬装備を万全に行いましょう。

連休最終日 日中は晴れて行楽日和

画像B

12日(月:振替休日)の日中は、晴れ間が広がる見込みです。最高気温は12℃前後まで上がる所が多く、東京都心では13℃と3月上旬並みの予想です。

週明けは気温がグッと上がる見込みです。ポイントは、「3連休は3月並み 連休明けは4月並み」。東京都心でも、14日(水)~15日(木)は、最高気温20℃くらいまで上がり、「春一番」の発表があるかもしれません。

花粉が一気に飛散する恐れがありますので、花粉症の方は早めに対策するのが良さそうです。

路面の凍結 特に注意すべき所は

画像C

雪や雨が降って濡れた路面は、気温が下がると、凍結してしまいます。中でも、路面の凍結に注意が必要なのは、次の4か所です。

(1)橋や歩道橋の上は、地面の熱が伝わりにくく、風通しが良いので、凍結しやすくなります。特に、ふぶいている時は、他の所よりも風が強く、視界が悪いうえに、凍結しやすいので、かなり危険です。
(2)トンネルの中と外では、路面状態が大きく違うことがあります。トンネルの出入り口では路面の凍結により、急にハンドルを取られないよう、十分、スピードを落として運転しましょう。
(3)交差点やカーブも、近づく前に、十分にスピードを落とすことが大切です。ハンドルを切ったまま、ブレーキを踏むと、とても滑りやすくなります。また、加速する時も、交差点やカーブを曲がり切ってから、アクセルを踏みましょう。
(4)日陰は、いったん路面が凍結すると、完全にとけるまでに時間がかかります。建物の北側など、日陰になりやすい道を通る際は、十分にお気をつけください。

暮らしとモノ班 for promotion
みんなが買ったのは?「Amazonプライムデー」売り切れ注意!注目商品ランキング1~30位(本日7/17(水)23:59まで)