- エムケイホールディングス株式会社

京都市交通局横大路営業所の一部路線でMKグループは管理の受委託をしています。この度2024年2月8日に、京都市交通局のなかで最年少となる19歳の路線バス運転手が誕生します。規制緩和により大型第二種自動車運転免許の取得条件が緩和されたことによります。

背景
2022年(令和4年)5月に改正道路交通法が施行され、従来21歳以上でかつ普通免許取得期間3年以上であった受験資格が、改正により特別な教習を終了すると19歳以上で普通免許取得期間1年以上あれば第二種免許、大型免許、中型免許の運転免許試験の受験資格を得られるようになりました。ドライバー不足はバス業界にとっても大きな課題であり、若いバスドライバーの誕生は将来の明るい材料でもあります。

修学旅行の観光バスドライバーに憧れ、夢を実現
中出丈(なかで じょう)ドライバーは2004年4月生まれの現在19歳。高校在籍中に普通免許を取得し、2023年11月に入社。普通免許取得1年が経過したため同年12月に自動車学校の運転免許合宿で大型二種免許を取得しました。
京都市横大路営業所の先輩社員に添乗してもらいながら路線バスを運転していましたが、この度2024年2月8日に晴れて路線バス運転手として独り立ちします。担当する路線は84系統、南8系統、臨南5系統、16系統の4路線です。

中出丈ドライバーのコメント
中学の修学旅行で乗った観光バスのドライバーが格好良く憧れていて、21歳になったら取りに行こうとずっと思っていました。19歳でバスドライバーになれる制度ができて先陣を切ります。若いですがしっかり頑張りますので温かい目で見てください。
将来は経験を積んで観光バスも運転したいです。若い人でバスの運転に興味がある人は一緒に働きましょう。
中出ドライバーと市バス
MKグループのバス事業の歴史と採用支援策
MKはタクシーだけでなくバスにも50年近い歴史があります。現在、京都、大阪、兵庫で観光バス事業を行うエムケイ観光バス株式会社(京都市南区、代表取締役社長金本達也)は規制緩和後の2002年に営業開始。その前身はエムケイ株式会社で大学のスクールバスの運行管理や役員車派遣などを行う運行管理事業部で、さらにその前身は1976年に京都市の総合支援学校のスクールバスを民間事業者として初めて運行するために立ち上げたバス部でした。当時、障碍を持つ子供たちの送迎を民間事業者に任せることに不安を感じる保護者や議会に理解を求めるため京都市教育委員会と二人三脚で奔走したとされています。
エムケイ観光バス株式会社では、免許取得費用の助成をはじめ転職や転居を支援するための特別支援金などバスドライバーとしてのキャリアを積みやすい制度を用意しています。

【採用のお問い合わせ】
エムケイ観光バス株式会社 採用担当:衣笠 電話075-681-8540
リクルートサイト https://www.mk-bus.com/recruit-site/