メイン画像

今日4日(日)は、花粉の飛散量は、関東から九州で「少ない」見込み。敏感な方は、マスクなどで対策をしてお出かけください。

関東~九州で「少ない」

本格的に花粉が飛散する前ですが、わずかながら花粉が飛び始めていて、今日4日(日)の花粉飛散量は、関東から九州で「少ない」見込みです。

「花粉の飛散開始日」とは、1月以降、1平方センチメートルあたり1個以上のスギ花粉を、2日連続して観測した最初の日を、その観測地点の「花粉の飛散開始日」としています。

そのため、「飛散開始日」より前でも、花粉が飛び始めていることもあります。花粉に敏感な方は、マスクやメガネなどで対策をしてお出かけください。

2024年春 各地域の花粉飛散傾向

画像B

各地域の花粉飛散傾向は、例年に比べると、四国・関東甲信は100%と「例年並み」、九州・中国・近畿・東海・北陸・東北は120~140%と「やや多い」、北海道は200%以上で「非常に多い」予想です。
前シーズンと比べると、四国・中国・北陸・関東甲信は50~60%と「少ない」、九州・近畿は70%と「やや少ない」、東海は90%と「前シーズン並み」でしょう。東北は150%と「多い」ですが、地域によって差が大きく、東北南部は「少なく」、東北北部は「非常に多い」見込みです。北海道は600%以上で「非常に多い」予想です。
(北海道ではシラカバ、その他はスギ・ヒノキ花粉の飛散量を表します。)