米ビルボード、ビルボード・コリアの創刊を発表
この記事の写真をすべて見る

 米ビルボードが、ビルボード・コリアを創刊し、アジアにおけるグローバルな足跡を拡大する。

 グローバル・エンターテインメント・メディア・グループ(GEMG)との提携によるこの拡大は、繁栄する韓国の音楽シーンに特化したものとなる。ビルボード・コリアの創刊号である『Billboard K Vol. 1』は6月にリリースされる予定だ。

 米ビルボードのマイク・ヴァン社長は声明で、「韓国への進出を発表できることを嬉しく思います。ビルボードは長い間、私たちのプラットフォームを通じて韓国音楽の豊かな貢献を称えてきました。今回の拡大は、ブランドにとって重要な節目であり、活気に満ちた韓国の音楽シーンを形成する声と才能を増幅させるという私たちの献身を強調するものです」とコメントしている。

 GEMGの会長であり、ビルボード・コリアの発行人であるキム・ユナは、「K-アーティストとK-POPの地位が世界的に高まった今、ビルボード・コリアはK-カルチャーの普及に重要な役割を果たすでしょう」と述べている。

 プレス・リリースによると、ビルボード・コリアは、韓国人アーティストの知名度を高めるだけでなく、世界規模での文化交流と評価を促進する包括的なプラットフォームを提供する。

 ビルボード・コリアは、創刊号に先駆け、2024年春に公式ウェブサイトとデジタル・プラットフォームを立ち上げる予定だ。韓国版は、ビルボード・ジャパン、ビルボード・アラビア、ビルボード・エスパニョール、ビルボード・ブラジルなど、米ビルボードの国際版のリストに加わる。

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング