崎山蒼志が現地の言葉でコール&レスポンス、台湾/香港での初海外ツアー完走

 崎山蒼志が、1月9日に台湾、1月11日に香港で初の海外ツアー【Sakiyama Soushi ASIA TOUR 2024】を開催した。

 今回は海外ツアーのためのオリジナルのセットリストで構成。崎山の登場を心待ちにする観客の期待感と熱気で十分に温まったステージに、崎山とバンドメンバー、マーティ・ホロベック(Ba.)、GOTO(Dr.)が姿をあらわす。同時に歓声が上がる中、1曲目は、最新アルバム曲の表題曲「i 触れる SAD UFO」でスタートした。

 「Undulation」、『僕のヒーローアカデミア』第5期エンディングテーマ「嘘じゃない」まで一気に駆け抜ける。「I Don’t Wanna Dance in This Squall」のエレクトロ・ダンスサウンドと 「プレデター」でのエモーショナルでアグレッシブなパフォーマンスに大きな歓声があがり、手を挙げて音楽に身をゆだねるファンも。

 台湾でのMCでは、初めての台湾で食べた「ニューローメン、ハオツー(牛肉麺、おいしい)」と話したり、「ニィーメェンカイシンマ?(楽しいですか?)」と崎山が聞くと、「カイシン!(楽しい!)」と会場からの返事に、崎山も「ウォーイェースー(私も!)」と現地の言葉で観客とのコール&レスポンスで会場を沸かせた。

 香港でも「ンゴ ウィ ゾイ ライ ガー。ドージェー(絶対また香港に来るよ! ありがとう)」と集まったファンに直接感謝の気持ちを伝えた。

 ライブ後半は「国」のしっとりギターの弾き語りで、改めて崎山蒼志の原点を体感する時間に。ギターを置きマイクで披露した「Pale Pink」では縦横無尽にステージを駆け巡り、会場も再燃。

 終盤、「過剰/異常」からバンドサウンドでの「Samidare」を披露したのち、ラストは満を持しての「燈」。一緒に口ずさむ観客の姿もみられた。

 台湾、香港ともに、ライブ終了後もミート&グリートで地元ファンとのサイン会と2ショット撮影会を開催。滞在時間目いっぱいにファンとの交流を楽しんだ。

 崎山は「ライブはとても緊張しましたが、皆さんがとても温かく迎えてくださって嬉しかったです。また、たくさんの楽曲をお届けできるように頑張ります」と感想を述べた。

 また、新たに4月からスタートするライブツアー【Band Tour 2024 “春の滲み”】も発表となった。詳細はオフィシャルサイトを参照。


photo by @jr_film_tw
photo by @moolai_with_noise


◎セットリスト
【Sakiyama Soushi ASIA TOUR 2024】
2024年1月9日(火)台湾・THE WALL LIVE HOUSE
2024年1月11日(木)香港・STUDIO DUPLEX SOHO HOUSE
01.i 触れる SAD UFO
02.My Beautiful Life
03.Undulation
04.嘘じゃない
05.告白
06.覚えていたのに
07.Heaven
08.I Don’t Wanna Dance in This Squall
09.プレデター
10.国
11.むげん・(台湾)/時計でもない(香港)
12.舟を漕ぐ
13.Pale Pink
14.しょうもない夜
15.通り雨、うつつのナラカ
16.過剰/異常
17.Samidare
18.水栓
19.燈
EN
20.潜水
https://sakiyamasoushi.lnk.to/LTCyXs

◎公演情報
【Band tour 2024 “春の滲み”】
2024年4月13日(土)福岡・DRUM Be-1
2024年4月14日(日)香川・高松DIME
2024年4月19日(金)大阪・梅田TRAD
2024年4月20日(土)岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
2024年5月10日(金)愛知・名古屋Electric LadyLand
2024年5月17日(金)新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
2024年5月24日(金)北海道・札幌Bessie Hall
2024年5月26日(日)宮城・仙台ROCKATERIA
2024年5月30日(木)東京・渋谷Spotify O-EAST
https://sakiyamasoushi.com/