メイン画像
メイン画像

12日(月)からの一週間、北海道付近は低気圧や気圧の谷の影響を受けやすいでしょう。暖かく湿った空気の影響で雲が広がりやすく、また湿度も高めで日中はやや蒸し暑さを感じる日が多くなる見込みです。

湿度が高く、蒸し暑さを感じる一週間に

画像A
画像A

12日(月)からの一週間は、北海道付近への高気圧の張り出しは弱く、全般に低気圧や気圧の谷の影響を受けやすくなります。このため道内は雲が広がり、日差しも少ないすっきりしない天気が多いでしょう。なお大雨などの目立った天気の崩れの日はない見込みです。

また、北海道上空にはこの期間平年より暖かい空気が流れ込みやすいでしょう。最高気温は内陸を中心に25度前後まで上がる日が多く、7月並みの気温となる日もある見込みです。湿度も高く、蒸し暑さを感じる日が多くなりそうです。

湿度が高いと、汗をかいても蒸発しにくく体に熱がこもりがちになります。特に屋外で作業する際や体を動かす際などは、意識して水分を取るよう心がけましょう。