メイン画像
メイン画像

先週2日(金)から3日(土)にかけて、関西では和歌山県を中心に記録的な大雨となりましたが、上空には次の雨の前兆「ハロ」が出現しています。あす8日の夜からあさって9日にかけては、中部と南部で再び大雨となる恐れがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に十分な注意が必要です。

8日(木)午後は関西各地で次第に雨 夜は京阪神周辺でも激しい雨が降る恐れ

画像A
画像A

きょうは梅雨前線が南下し、関西では梅雨の晴れ間となりましたが、天気は早くも下り坂へと向かっています。あす8日は、梅雨前線が西日本付近まで北上するでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になる見込みです。朝の通勤や通学の際は晴れていても、次第に雲に覆われ、午後は南部から雨が降りだすでしょう。夜は各地で雨脚が強まり、京阪神周辺でも雷を伴った激しい雨が降る恐れがあります。また、沿岸部を中心に南風が徐々に強まる見込みです。

9日(金)午前中にかけて中部と南部で再び大雨か 大雨による災害に十分な注意を

画像B
画像B

9日(金)の朝には、北部や中部から次第に雨のやむ所が多くなるでしょう。今回の雨は、先週ほどの雨量にはならない見込みです。ただそれでも、中部と南部の多い所では100ミリから200ミリほどの大雨になる可能性があります。また、先週の記録的な大雨で被災した地域では、再び土砂災害、浸水や洪水による災害が発生する恐れがありますので、十分ご注意ください。