タワーレコードによる新講座がスタート 第1回目のテーマは『ボヘミアン・ラプソディ』
タワーレコードによる新講座がスタート 第1回目のテーマは『ボヘミアン・ラプソディ』
この記事の写真をすべて見る

 EnterTech人材を育成する【TOWER ACADEMY(タワーアカデミー)】の初回講座<音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディ」Part 1>が、4月6日に音楽の友ホールにて開催される。

 本イベントは、「音楽を題材とした映画」の音楽に焦点を当ててアカデミックに解説していくシリーズ講座だ。初回の題材はアカデミー賞4部門を受賞した『ボヘミアン・ラプソディ』。バンドの歴史を初期、黄金期、中期~後期、そしてソロ期以降の4つのパートに分け、各アルバムがリリースされた時代背景やメンバーの音楽のルーツ、ライヴ演奏の聴きどころ等を解説していく。

 4月6日開催の「Part.1」では1st Session(昼の部)に日本人としてクイーンを初めて体験した音楽評論家の大貫憲章氏が講師を務め、デビューから初期当時の時代感やルーツ、バンドが与えた影響について解説される。さらに2nd Session(夜の部)では、クイーンのようにクイーンらしくパフォーマンスをするQUEENESSのボーカル、フレディ・エトウ氏を迎え、レコーディングされた音源とライブ・パフォーマンスでの違いに焦点を当て解説される予定となっている。

 貴重な解説と共に、会場となる音楽の友ホール(東京・神楽坂)の音響の良さを最大限に生かし、高品質の音源をハイスペックなオーディオで楽しむことができる本講座。講座に参加するには、タワーレコードメンバーズに入会するか、dアカウントを準備後、タワーアカデミーのホームページより申し込むことができる。

◎イベント情報
【TOWER ACADEMY<音楽・映画連動講座 第1回「ボヘミアン・ラプソディ」Part 1>】
2019年4月6日(土)1st Session: 13:00~15:00、2nd Session 17:00~19:00
解説:1st Session:大貫憲章/ 2nd Session:フレディ・エトウ(QUEENESS)他
MC:矢口清治
音楽の友ホール
チケット:各Sessionともに3,000円(tax in.)

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介