20世紀を代表する名指揮者の一人、チェコのラファエル・クーベリックと(1914-1996)と、ルーマニアが生んだ不世出のピアニスト、クララ・ハスキル(1895-1960)。この2人の共演によるショパンのピアノ協奏曲第2番の録音は、モノラルならば既に販路に乗ったことがある。

続きを読む