メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

あす(29日)にかけて東北の太平洋側を中心に大雨となる見込みです。低気圧の動きによっては警報が発表されるほどの大雨になる可能性も。土砂災害や河川の増水や洪水、低い土地の浸水に注意・警戒してください。

警報が発表されるほどの大雨に

前線を伴った低気圧が発達しながら太平洋側の沿岸を東北東へ進んでいます。あす29日の朝には関東の東海上へ達し、その後、三陸沖へ進む見込みです。今夜(28日)からあす(29日)は、東北では太平洋側を中心に大雨となる見込みです。低気圧の動きによっては警報が発表されるほどの大雨になる可能性もあります。またあす(29日)は、海上では暴風やうねりを伴った大しけとなりそうです。

予想される雨、風、波

画像B
画像B

あす(29日)午前6時までに予想される24時間降水量は多い所で、東北の太平洋側で100ミリ、日本海側で80ミリとなっています。その後も雨は降り続き、あさって(30日)午前6時までに多い所で、東北の太平洋側で50から100ミリ、日本海側でおよそ50ミリの雨量が予想されています。

福島県では激しい雨の降る所も

特にあす29日の明け方から朝にかけては福島県の中通りと浜通りを中心に、局地的に1時間に30ミリの激しい雨が降る見込みです。昨年の台風19号で被害を受けた地域などは、復旧がままならない所に、季節外れの大雨となりそうです。土砂災害や河川の増水や洪水、低い土地の浸水に注意・警戒してください。今後の情報に注意し、危険を感じる前に早めの避難をするようにしてください。

暴風や高波にも警戒を

画像D
画像D

また29日に予想される最大瞬間風速は、陸上、海上ともに30メートルとなっています。またあす29日にかけて予想される波の高さは、東北の太平洋側でうねりを伴って6メートルです。船舶や沿岸部にある施設などへの被害のおそれがあります。暴風や高波に警戒してください。

暮らしとモノ班 for promotion
香りとおしゃれ感を部屋にもたらす!Amazonでみんなが「欲しいアロマディフューザー」ランキング