この先の数日間、全国的に雨の降る日が続く見込み。雨をもたらすのは南からの暖かく湿った空気。気温は高く、特に土曜日は、北陸や関東から西で25度前後まで上がる所がありそう。

      
      
この記事の写真をすべて見る

あすの天気

あすは低気圧や前線が日本付近を通過します。
朝のうちは全国的に雨が降ります。沿岸部を中心に風も強く、横殴りの雨の所もあるでしょう。通勤の際は、大きめの傘やレインシューズが役に立ちそうです。特に雨脚が強まるのは、北陸と東海、近畿から九州にかけての大平洋側です。道路が川のようになったり、水しぶきで見通しが悪くなるほど、激しく降る所もあるでしょう。
雨は昼前後には止んで晴れ間の出る所が多いでしょう。東海から西の大平洋側は、夕方まで雨の所がありますが、降り方は弱まってきます。
気温は、あすも朝から高いでしょう。最低気温は、札幌で8度など、北海道でも5度を下回る所は少ないでしょう。東北は10度前後、北陸や関東から西は15度前後と、つい先日までの日中の気温と同じくらいです。
最高気温も、この時期としては高い状態が続きます。北海道は広く10度以上。東北と北陸は15度前後で、仙台など太平洋側は20度くらいまで上がるでしょう。関東から西は20度以上で、あすも上着要らずの暖かさです。
夜になっても暖かい空気が残るので、全国的に気温の下がり方が緩やか。雨上がりに、夜桜を楽しむのも良さそうです。

あさって以降の天気

土曜日と日曜日も、ほぼ全国で傘が必要です。日本の北を低気圧が通過し、この低気圧に向かって南から『暖かく』湿った空気が流れ込むためです。気温は平年並みか高く、特に土曜日はグンと上がります。北陸や関東から西では、25度以上の夏日になる所もあるでしょう。
ただ、月曜日には低気圧が日本の南の海上を進み、今度は低気圧に向かって『北風』が吹きこみます。気温は平年並みか低い日が多くなるでしょう。冬のような極端な寒さにはなりませんが、少しヒンヤリと感じられそうです。

暮らしとモノ班 for promotion
みんなが買ったのは?「Amazonプライムデー」売り切れ注意!注目商品ランキング1~30位(本日7/17(水)23:59まで)