強い寒気の影響で、日本海側は広く雪が降っています。特に、東北や新潟県、長野県で一気に積雪が増えています。

この記事の写真をすべて見る

◆東北や新潟県、長野県を中心に大雪

強い寒気の影響で、日本海側は広く雪が降り、東北や新潟県、長野県を中心に大雪となっています。今日の午後3時までの24時間に福島県南会津町南郷では55センチと豪雪地帯でもひと冬に一度あるかないかという雪の降り方となっています。また、秋田県湯沢市では47センチの雪が降り、記録的な大雪となっています。
また、北陸から西で風も強まっており、金沢で最大瞬間風速22.1メートルを観測しました。

◆厳しい寒さ

強い寒気の影響で、今朝は冷え込みが強まり、北海道上川地方の占冠村では最低気温が氷点下29度2分まで下がり、全国で今シーズン一番低くなりました。札幌では氷点下11度1分と今季一番冷え込みました。北海道は日中も広く氷点下の気温で、凍えるような寒さが続いています。仙台や新潟でも5度に届かず、厳しい寒さが続いています。
土曜日と日曜日はさらに強い寒気が流れ込む見込みで、日本海側を中心に広い範囲で大雪や猛吹雪に警戒が必要です。太平洋側の平地でも積雪となったり、局地的に大雪となる恐れがあります。寒さも一段と厳しくなり、東京や名古屋、大阪でも最高気温が5度くらいまでしか上がらず、震えるような寒さでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング