dot.[ドット]

EIZO、4K解像度対応の23.8型液晶モニター ColorEdge CG248-4K 4月発売

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

ColorEdge CG248-4K

ColorEdge CG248-4K

側面にUSBハブ3ポートを装備

側面にUSBハブ3ポートを装備

Adobe RGBやデジタルシネマで用いられるDCI-P3などの色再現域の比較表(EIZO提供)

Adobe RGBやデジタルシネマで用いられるDCI-P3などの色再現域の比較表(EIZO提供)

画素密度比較のサンプル(EIZO提供)

画素密度比較のサンプル(EIZO提供)

 EIZOは、23.8型の液晶モニター「ColorEdge CG248-4K」を2015年4月20日に発売する。

 同製品は、モニターの筐体部にキャリブレーションセンサーを内蔵するカラーマネージメントモニター“ ColorEdge(カラーエッジ)”における、CGシリーズの新ラインアップ。

 名称にある“4K”が示す通り、4K(3840×2160)解像度および185ppiの高密度な表示に対応。写真/映像制作/印刷といったグラフィックス市場向けのフラッグシップ機として位置付けられたモデル。

 Adobe RGBカバー率は99%(DCI-P3:93%)で、コントラスト比は1000:1を実現させている。

※同製品を紹介するスペシャルページでは、表示比較によって画素密度の違いを分かりやすく説明している。詳しくはこちら


 内蔵のキャリブレーションセンサーと専用ソフト『ColorNavigator 6』および『ColorNavigator NX』を用いるキャリブレーションは、自動で定期的に再調整させることも可能。また、同センサーを用いた機能として、放送規格で定められた色域・ガンマ値(EBU、Rec.709、SMPTE-C等)を再現する[カラーモード]も搭載。同モードでは筐体前面のスイッチによってモード切り替えができる。

 さらに、筐体前面のスイッチを使う機能として、画面の一部を拡大して表示できる[ズーム機能]も備えている。

 インターフェースには、DisplayPort端子(4K/60p対応)×2系統とHDMI端子(4K/30p対応)×2系統を装備。USB3.0対応でハブ機能を持った3つのUSBポートも搭載する(1つはバッテリーチャージ対応)。

 同社のWEB直販サイト“EIZOダイレクト”での価格は、専用遮光フード(横位置対応)付属で、27万円。


主なスペック
■筐体カラー:ブラック■パネル:IPS(ノングレア)■バックライト:広色域LED■サイズ:60cm(23.8)型-可視域対角60.4cm■推奨解像度:3840×2160■画素ピッチ 0.13725×0.13725mm■画素密度:185ppi■表示階調(DisplayPort、HDMI):1024 階調(65281 階調中)■表示色(DisplayPort、HDMI):約10億7374万色-10 bit対応(約278兆色中/16 bit-LUT)■視野角(水平/垂直):178°/178°■輝度:350cd/平方メートル■コントラスト比: 1000:1■応答速度:14ms(中間階調域)■対応色域:[Adobe RGB]カバー率99%、[DCI-P3]カバー率93%■インターフェース:[入力端子]DisplayPort×2、HDMI×2(Deep Color対応)、[USB]モニターコントロール用×1ポート、USBハブ×3ポート■大きさ:W553×H394~D544×245mm(縦回転時 345×564~642×245mm)■重さ:約8.5 kg(フード装着時 約9.2kg)■昇降:150mm■チルト:上35°、下5°■スウィーベル:344 °

トップにもどる  デジモノ一覧


   EIZO をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加