ASAhIパソコン トピックス - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トピックス

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 津田大介「都市伝説を煽ったメディアの責任」  (2019.3.15)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。英国のSNSに突如現れた「Momoチャレンジ」現象へのメディアの向き合い方を受けて提言する。*  *  * 2月下旬、英国のソーシャルメディアユーザーの間で、突如として「Momoチャレンジ...

  • 津田大介「新たな局面を迎えたサイバー戦争」  (2019.3. 8)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米国サイバー軍が行ったロシア企業へのサイバー攻撃について解説する。*  *  * 米ワシントン・ポスト紙は2月26日、複数の米当局者の話として、米国サイバー軍がロシアによる選挙干渉を抑止す...

  • 津田大介「権力者と対峙するメディアの必要性」  (2019.3. 1)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「ミニ・トランプ」が跋扈している背景を明かす。*  *  * 過激な発言を繰り返し、「フィリピンのトランプ」とも称されるロドリゴ・ドゥテルテ大統領。2016年6月の就任直後から麻薬撲滅を最...

  • 東浩紀、ニコ動「復活にはかなりのアクロバットが必要だろう」  (2019.2.28)  AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 出版・IT大手のカドカワの川上量生社長が退任した。ニコニコ動画(ニコ動)で知られるドワンゴが、出版社であるKADOKAWAの子会社になることも発表された。 カドカワは...

  • 米アップルCEOが触れない 中華圏で「iPhone不振」の理由  (2019.2.28)  AERA

     米アップルに急ブレーキがかかっている。創業者の故スティーブ・ジョブズが2007年に発表して以来、斬新なデザインと高い機能性で、快進撃を続けてきたiPhoneの販売が振るわないのだ。ジョブズの「遺産」の威光にかげりが出始めているのか。後を継いだ現最高経営責任者(CEO)のティム・クックは、新たな風を...

  • 歳末商戦でつまずいた米アップル 次の一手も他社の「後追い」  (2019.2.28)  AERA

     米アップルが、昨年の歳末商戦でつまずいた。頼みにするiPhoneが不振だったからだ。年明けには、昨年10~12月期の売上高予想を、前年同期比5%減の840億ドル(約9兆円)になる見込みだと下方修正、株式市場を「アップル・ショック」が襲った。創業者ジョブズの後継者たちは「次の一手」に後追いの動画配信...

  • 津田大介「為政者が都合良く広げてしまう法律の“穴”」  (2019.2.22)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。違法ダウンロードに関する著作権法改正案に言及する。*  *  * 文化庁の文化審議会著作権分科会は2月13日、映像と音楽に限定されていた「違法ダウンロード」の対象を、漫画や写真、文章やプロ...

  • AIは中立ではなく「女性嫌い」 検証結果で見えてきた負の側面  (2019.2.20)  AERA

     人工知能(AI)による採用審査など、日本でもAI社会の広がりを身近に感じるようになった。だが、AIには「女性嫌い」という厄介な偏見があり、「ヘイト」を増幅させる危険性もある。朝日新聞IT専門記者の平和博氏がAIの実態をレポートする。*  *  * IT5社の人工知能(AI)が男性を女性に間違える割...

  • 津田大介「透明性アップに逆行するフェイスブック」  (2019.2.15)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。今回は、都合が悪い情報収集を避けようとしたフェイスブックについて。*  *  * ネットの政治広告の透明性を高める──これはデジタル広告を扱うIT企業が直面する喫緊の課題だ。特にデジタル広...

このエントリーをはてなブックマークに追加