AERA dot.

トピックス

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AIの「渋谷みらい」君に本誌記者が直撃取材 「週刊朝日に興味ない」と塩対応  (2017.11.14)  週刊朝日

     渋谷区は今月、日本マイクロソフト(港区)と共同開発したAI(人工知能)キャラクターを公開した。名前は「渋谷みらい」君で、7歳の男の子という設定だ。AIとして初めて「住民登録」された。 みらい君とは、無料通話アプリ「LINE」でメッセージのやりとりができる。会話するAIといえば昨年、米マイクロソフト...

  • 子どもがスマホを欲しがったときの対処法 キーワードは“ケタ外れの熱意”  (2017.11.12)  dot.

     小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で連載中の「大人の謎 ぶっちゃけ質問箱」。今回は「スマホ」について。回答者はコラムニストの石原壮一郎さんです。【Q】スマホが欲しいけど「勉強しなくなるから」と買ってくれません。お母さんこそスマホ中毒だと思うんだけど……。(Y・Yさん 愛知県/12歳...

  • 津田大介「世論工作に利用される米ネット大手3社」  (2017.11.10)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。フェイスブック、グーグル、ツイッターがどれほど「ロシアゲート」に使われたか、津田氏が解説する。*  *  * 米国では、2016年米大統領選挙へのロシア干渉疑惑──いわゆる「ロシアゲート」...

  • ツイッター民、「140字時代」の終わり嘆く 余白持て余す人も  (2017.11. 9)  AFPBB News

    【11月9日 AFP】米ツイッター(Twitter)が日本語など一部の言語を除いて投稿の字数上限を倍増させたことに対して、サイト開設から10年以上にわたって維持されていた「140字制限」を支持するユーザーから失望や怒りの声が上がっている。 こうした「厳格派」ユーザーたちは、「#140forlife(...

  • テレビの脅威? 動画メディア人気のカギは“リアル”と“短さ”  (2017.11. 8)  AERA

     テレビ以外でも動画を見ることが当たり前になった昨今。ジャンルも多様化する中で、人気をつかむ動画のカギはどんなところにあるのか。 コピーライターでメディアコンサルタントの境治さんによると、テレビ代わりに見られているネットの動画で、最近伸びているのは4ジャンル。 まず、NetflixやHulu、dTV...

  • 津田大介「ツイッターが集中砲火を浴びた問題とは」  (2017.11. 2)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米ツイッター社を巡る問題の背景を津田氏が解説する。*  *  * ヘイトスピーチや嫌がらせ行為の蔓延(まんえん)、ロシアによる米大統領選挙介入疑惑、フェイクニュースの拡散──。米ツイッター...

  • 「顔認識」機能はここまできた! 成毛眞が語る“驚くべき未来”とは  (2017.11. 2)  dot.

     人工知能(AI)の普及で大動乱の時代を迎えつつある今、これから生き残っていける人材は「理系脳」の持ち主である、と成毛眞は著書『理系脳で考える』で明かしている。文系でも、技術が苦手な人でも、「理系脳」になるために知っておきたい技術進化の最新の流行とは。*  *  * iPhone Xの注目すべき機能...

  • 要注意! 顧客への「チャット」対応 便利の裏の落とし穴  (2017.10.30)  AERA

     最近はビジネスの現場でも直接対話の機会は減り、LINEやチャットサービスなどのSNSを利用したサービスが主流になってきている。営業に代表される攻めの部署だけでなく、カスタマーサポートなど受けの面でも企業と顧客のコミュニケーションスタイルは変わりつつある。 いまや問い合わせのチャネルは電話だけでなく...

このエントリーをはてなブックマークに追加