AERA dot.

津田大介「ニュースのコメント欄チェックにAI活用」

このエントリーをはてなブックマークに追加

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。今回はネット記事における「コメント欄」の最新事情を解説する。

*  *  *
 今や新聞といえども記事をネットで配信するのは当たり前。しかし、ネットで配信した記事に「コメント欄」を設けるかどうかは、各社にとって頭の痛い問題になっている。コメント欄がなければ「このネット時代に双方向性を否定する時代遅れのメディア」となじられ、かといって設けると荒らされる可能性があるからだ。

 本来、ネットのニュース記事に設けられるコメント欄は、多様な見方を与えたり、読者同士のコミュニケーションを促進したりする有意義なものだ。だが、実際には一部の極端なユーザーによって占拠されてしまうことが多く、昨今は世界的にヘイトスピーチの増加にも悩まされている。大手メディアがコメント欄を設けることに積極的になれないのは、そうした事情があるのだ。

 そんな中、老舗の高級紙の米ニューヨーク・タイムズが、最新の人工知能(AI)技術も活用して、コメントを「モデレーション」する取り組みを開始した。書き込まれたコメントを自動的に公開するのではなく、人間が目視して問題ない書き込みであれば公開するというものだ。

 使っている技術は、グーグルが開発したAI「パースペクティブ」。投稿されたコメントの有害性をパースペクティブが判別し、問題のないコメントは自動で公開する。有害性が高いと判定されたコメントは人間が確認して、公開か非公開かを決めるという仕組みだ。

 これにより、ニューヨーク・タイムズの全記事のうち、コメント可能な記事の割合が25%まで増加した。導入以前の割合は10%だったため、大幅にコメントできる記事が増えたことになる。同紙はこの割合を年末までに、80%にすることを目指すという。

 ニューヨーク・タイムズは、かつてジェイソン・ブレア元記者が記事を捏造(ねつぞう)した苦い経験があり、2003年以降、読者の声を紙面に反映するパブリック・エディター(オンブズマン)を置いていた。今回のAI導入にあわせて5月31日に、そのポストが廃止されることが明らかになった。


トップにもどる  ネット・ITニュース一覧


   津田大介 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加