AERA dot.

グーグル、検索結果に「事実検証」表示 偽ニュース拡散防止で

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

グーグルのロゴ。仏ベルトゥーで(2016年12月28日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE

グーグルのロゴ。仏ベルトゥーで(2016年12月28日撮影)。(c)AFP/LOIC VENANCE

【4月8日 AFP】米グーグル(Google)は7日、誤認情報や「偽ニュース」の拡散防止策の一環として、同社サイトの検索結果にファクトチェック(事実検証)結果を表示する新機能を、全世界向けに導入すると発表した。

 新機能は全言語に対応しており、第三者機関が行った事実検証結果として、あるニュース記事が事実か虚偽か、またはどちらとも言えないかを表示する。全検索結果に表示されるわけではなく、内容によっては相反する複数の事実検証結果が示されることもあるという。

 グーグルはブログ投稿での発表で、「事実検証はグーグルが行うものではなく、人々がより多くの情報に基づいて判断を下せるよう表示される」「相反する結論が表示されるかもしれないが、特定の主張についての意見の一致度合を理解し、複数の情報元が同意する明瞭な情報を入手することは、利用者にとって有用だ」と述べた。

 この機能の実現に当たってグーグルは、世界各地の事実検証機関115団体と協力した。前日にはフェイスブック(Facebook)も、ニュースフィード上の新機能として、共有された記事が真実であるか否かの判断を支援する新ツールを導入していた。(c)AFP

トップにもどる  ネット・ITニュース一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます


このエントリーをはてなブックマークに追加