AERA dot.

迷惑をかけない大容量ファイルの渡し方は?

スマホジャーナリスト・石川温の「最強最速のスマホ&パソコン活用術」第1回

このエントリーをはてなブックマークに追加
by 石川温

パソコンのウェブブラウザ上では、メールを新規作成し、画面下にあるGoogleドライブのアイコンをクリックします

パソコンのウェブブラウザ上では、メールを新規作成し、画面下にあるGoogleドライブのアイコンをクリックします

事前にGoogleドライブに保存しているファイルのほか、その都度ファイルをアップロードすることも可能です

事前にGoogleドライブに保存しているファイルのほか、その都度ファイルをアップロードすることも可能です

石川温(いしかわ・つつむ)/中央大学商学部卒。1998年に日経ホーム出版社(現・日経BP社)に入社後、日経トレンディ編集部で編集記者として、ヒット商品、クルマ、ホテル、ケータイなどを取材。2003年に独立し、主にケータイ・スマホ業界を幅広く取材し、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌でスマホ関連のコメントや記事執筆を多数行う。日経電子版「モバイルの達人」を連載するほか、ラジオNIKKEIにて、毎週木曜22時から「石川温のスマホNo.1メディア」のパーソナリティー、NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師を務める。メルマガ「スマホ業界新聞」を毎週土曜に配信中。All About「携帯電話・スマートフォン」ガイドも務める

石川温(いしかわ・つつむ)/中央大学商学部卒。1998年に日経ホーム出版社(現・日経BP社)に入社後、日経トレンディ編集部で編集記者として、ヒット商品、クルマ、ホテル、ケータイなどを取材。2003年に独立し、主にケータイ・スマホ業界を幅広く取材し、テレビ、新聞、ラジオ、雑誌でスマホ関連のコメントや記事執筆を多数行う。日経電子版「モバイルの達人」を連載するほか、ラジオNIKKEIにて、毎週木曜22時から「石川温のスマホNo.1メディア」のパーソナリティー、NHK Eテレ「趣味どきっ! はじめてのスマホ」で講師を務める。メルマガ「スマホ業界新聞」を毎週土曜に配信中。All About「携帯電話・スマートフォン」ガイドも務める

 仕事でもプライベートでも、写真やPDFを相手に渡す方法に迷ったことはありませんか? ファイルのサイズが大きすぎて、メールに添付できないときは、「宅ふぁいる便」のようなファイル転送サービスを使う人が多いかもしれません。

【アップロード画面はこちら】

 しかし、実はもっと効率のよい方法があります。スマホジャーナリストの石川温氏は最新刊『仕事の能率を上げる最強最速のスマホ&パソコン活用術』の中で、大容量ファイルの受け渡しにGmailを活用する方法を紹介しています。

*  *  *
 サイズが大きいPDFファイルや複数の画像データが入った圧縮ファイルは、通常のメールへの添付ではなく、大容量ファイルが送れる「宅ふぁいる便」などのファイル転送サービスで送信されることが多いです。

 宅ふぁいる便には昔からお世話になっているものの、送信までの操作に手間がかかったり、広告が大量に表示されたりと、あまり使い勝手はよくないように思えます。

 そこで活用したいのがGmailです。Gmailユーザーなら、同じくグーグルが運営しているデータのストレージサービス「Googleドライブ」に大容量のファイルをアップし、そのURLをメールに貼り付けるかたちで送信できます。つまり100MBや1GBを超えるような大きなファイルも手軽に相手に渡せるのです。

 使い方は簡単です。パソコンのGmail画面では「新規メッセージ」画面の最下段にある「ドライブを使用してファイルを挿入」ボタンをクリック。スマホのGmailアプリでは新規メッセージ作成画面の右上にあるクリップボタンをタッチして「ドライブから挿入」や「ドライブ」のメニューを選びます。

 表示された画面で添付するファイルを選べばOKです。また、Googleドライブの画面で、相手に渡したいファイルを右クリックして「共有可能なリンクを取得」を選び、メールを送る方法もあります。

 もちろん通常のように添付して送る方法も選べますが、いきなり大容量ファイルを送り付けると、相手がスマホなら大量のパケットを消費させてしまい迷惑をかけることになります。数十MB以上のファイルは、リンクを貼り付ける方法で送るのがビジネスマナーでしょう。

 大容量のファイルを共有できる「Dropbox」などでも似たようなことは可能ですが、Gmailとの相性がよく、特に外出先でスマホから大容量ファイルをメールで送ることが簡便にできるGoogleドライブをオススメします。(石川温)


トップにもどる  ネット・ITニュース一覧


   最強最速のスマホ&パソコン活用術 , 朝日新聞出版の本 , 読書 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加