AERA dot.

dot. ネット・ITニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 最新研究で「消える職業」がさらに増加! それでも生き残る7つのモデルとは?  (2017.9.20)  dot.

     テクノロジーが進化することで、人間の仕事はなくなってしまう――そんな未来図が、異口同音に語られるようになっている。そのきっかけとなったのが、オックスフォード大学でAI(人工知能)研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文「雇用の未来」だ。この論文では、実に702種類の職業を対象に、「1...

  • 津田大介「トランプの移民政策に反発するIT業界」  (2017.9.18)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。アップルやグーグルなど米国のIT業界が、トランプ大統領の進める移民政策に反対する理由を解説する。*  *  * 米バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者と反対派の衝突事件の衝撃...

  • スマホ時代のビジネスに必要な“究極法則”とは? マーケティング4.0に学ぶ  (2017.9.13)  dot.

     朝起きて、まず何をするだろうか? スマートフォンを手に取ってSNSをチェックしたり、ニュースを見たり……。現代はまさに「デジタルが当たり前になった社会」だ。そのような時代において、デジタルはビジネスにおいても大きな武器となりえる。 では、どう取り入れればいいのか。その回答の一つが今回取り上げる『コ...

  • 「デジタル時代に対応する」とは具体的に何なのか? マーケティング4.0に学ぶ  (2017.9.13)  dot.

     朝起きて、まず何をするだろうか? スマートフォンを手に取ってSNSをチェックしたり、ニュースを見たり……。現代はまさに「デジタルが当たり前になった社会」だ。そのような時代において、デジタルはビジネスにおいても大きな武器となりえる。 では、どう取り入れればいいのか。その回答の一つが今回取り上げる『コ...

  • 発売10年の節目…新型「iPhoneX」新デザインの狙い  (2017.9.13)  dot.

     米アップルは日本時間9月13日未明(現地時間12日)、米国カリフォルニア州で発表会を開き、「iPhone X(テン)」、「iPhone 8 / 8 Plus」の新型スマートフォン3機種を発表した。最上位機機種「iPhone X」ではホームボタンが撤廃され、顔認証機能を初めて搭載するなど、2007年...

  • 儲けたら税金は? VALUの課題と可能性  (2017.9.12)  AERA

     個人が発行した「VA(仮想株式)」を売買できるサービス「VALU」。人気ユーチューバーらによる「売り逃げ騒動」で注目を集めるが、そもそも目指すのは個人の価値が評価される「評価経済社会」だ。 お盆の最中、8月15日お昼過ぎ。ツイッターのタイムラインがざわつき始めた。「ヒカルさんが全VALU放出!」「...

  • 津田大介「大規模な通信障害の意外な“犯人”」  (2017.9. 8)  週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。津田氏は先月25日に起きた大規模通信障害を例に、インターネットの「もろさ」を指摘する。*  *  * 8月25日正午過ぎ、インターネットの接続が不安定になる大規模な通信障害が発生した。イン...

  • AIが人間に恋する未来ってアリですか?  (2017.9. 8)  AERA

     映画「エクス・マキナ」で描かれるAIを搭載した女性型ロボットのエヴァは、主人公を誘惑し施設から脱走する。エイミー・トムスンのSF小説『ヴァーチャル・ガール』では、やはりAIを搭載した少女ロボットのマギーが感情を持ち、意思を持って自身を作った製作者から離れていく。 SFで描かれるAIやロボットは、や...

  • ネット上に生まれる“炎上人”の正体  (2017.9. 8)  AERA

    「どうしてそこまで怒るの?」「そこまで言わなくてもいいのに」――。このところ、イライラする人や罵詈雑言をはく人を目にする機会が多いとは思いませんか? あそこにもここにもいる「感情決壊」する人々。なぜ私たちはかくも怒りに振りまわれるようになったのか。それにはちゃんと理由がありました。アエラ9月11日号...

  • ネットから「言語」がなくなる日はくるか  (2017.9. 7)  AERA

    「どうしてそこまで怒るの?」「そこまで言わなくてもいいのに」――。このところ、イライラする人や罵詈雑言を目にする機会が多いとは思いませんか? あそこでもここにもいる「感情決壊」する人々。なぜ私たちはかくも怒りに振りまわれるようになったのか。それにはちゃんと理由がありました。アエラ9月11日号では「炎...

このエントリーをはてなブックマークに追加