青森がリンゴの産地でなくなる日 地球温暖化が及ぼす影響とは

週刊朝日
青森で作られているブランド桃「津軽の桃」/JA津軽みらい、提供

 青森県は何の産地? 愛媛県ならば? たいていの人は、それぞれ「リンゴ」「ミカン」と答えるのではないだろうか。それがいずれ、「桃」「アボカド」に変わる日が来るかもしれないという。何が起きているのだろうか。

【写真】青森県の“名物”だったブサかわ犬の「わさお」

 「仲間うちでは近い将来、サクランボが青森県でも作られるようになるんじゃないかと話しています」

 青森県のリンゴ農家の小野友之さんはこう話す。小野さんは、親から農業を継いだ12年ほど前、桃の栽培を始め、現在も手がけている。

「当時、暑い年が続いたせいで、せっかく手間をかけたリンゴが、日光による『日焼け』で変色してしまい、単価が低い加工用に回されるケースが多かったんです。青森では夏場に30度を超える日が多いと、9月に収穫を迎える『わせ種』のリンゴが作りにくくなると言われます。暑い夏が多いせいか、最近は若い世代を中心に桃の栽培を始める農家が増えています」

 桃の栽培は、温暖な気候が適しているとされ、かつては岡山県など西日本が主な産地だった。その後、品種改良や栽培技術が進み、涼しい地域でも育てられるようになった。

 農林水産省によると、2018年の桃の国内生産量のトップは山梨県で、福島、長野と続く。かつては山形だった北限も、秋田や青森へ北上。小野さんら青森県南部の平川市や黒石市で桃を作る農家は約160戸に上り、「津軽の桃」のブランドで関東や九州にも出荷されている。

 農研機構園地環境ユニット長の杉浦俊彦さんは「国内の果物栽培は、気候変動の影響を受けている」と指摘する。

「果樹は実がなるまで時間がかかり、一気に産地が塗り替わるようなことはありませんが、猛暑や残暑の厳しい年が増え、今まで作られてこなかったものが栽培されたり、逆に作れていたものが作りにくくなったりしています」

 愛媛県のミカン農家がオレンジを作るようになったのは十数年前。暑くなると色がつきにくくなったり、外の皮と実が離れてしまう「浮き皮」という現象が起こりやすくなったりする。

 市場に出せないものも増えるため、県内の約350戸は、温暖な地中海で作られているブラッドオレンジを作っているという。松山市などは、現在はほとんどをメキシコなどから輸入している亜熱帯性果樹のアボカドへの切り替えを支援している。

 茨城県にも南国のフルーツの印象が強いマンゴーを作る農家もある。もともと花き栽培を手がけていた保田幸雄さんだ。

「たまたま知人から沖縄産のマンゴーの苗木を譲り受け、『作ってみようか』と思い立ち、10年に試験栽培を始めました。茨城では誰も育てたことがないので手探りでしたが、今では『安くて甘い』との評判をもらえるようになりました。でも最近は気候の移り変わりが大きく、育てる難しさを改めて感じています」

 気象庁によると、日本の平均気温はこの100年で1・24度上がった。気温の上昇とともに、フルーツの味や産地も変化を迫られている。

(本誌・池田正史)

※週刊朝日オンライン限定記事