「愛の不時着」ヒョンビンの意外な弱点「あがり症。一番苦手なのはオーディション」

週刊朝日

韓国の映画賞、総合芸術賞「百想芸術大賞」で『愛の不時着』で人...

 大ヒットしている「愛の不時着」で北朝鮮の将校を演じているヒョンビン(37)。世界中の女性たちの心をわしづかみにしているが、あふれ出る優しさ、温かさは演技なのか、彼自身が醸し出すものなのか。過去2度、インタビューした朝日新聞文化くらし報道部記者・林るみさんが彼の魅力を振り返った。

【前編/「愛の不時着」で3度目のブレーク ヒョンビンの素顔は? 仕事観は?】より続く

【女性の心をわしづかみ ヒョンビンの写真をもっと見る】

*  *  *
 これまでさまざまな役を演じてきたが、どの役が一番自分に近いと思うかたずねると、答えに詰まった。

「それは難しいですねえ。どの役も自分と違うというのはないんです。自分のふるまい、自分のなかのものが、多かれ少なかれ、どんな役にも投影されていますから」

 役柄の選択で面白いと思ったのは、ヒョンビンが選ぶ男性にはマッチョさが感じられないということだ。韓国の女性たちから圧倒的に支持をされるのは、そうした人物像にあるからではないか。「愛の不時着」で演じた軍人も肉体はたくましく強いのにマッチョさがまったく感じられなかった。

「私がマッチョになったら、どういう感じになると思います? でも、韓国の男性ならそういう志向は誰にでもあるとは思います。一般に肉体を鍛えたいという気持ちも強いかもしれません。僕の場合はあくまでも役次第です。筋肉をつけたり落としたりということも作品に合わせてやっていくつもりです」

 テレビドラマだけでなく、映画にもコンスタントに出演、活動の幅をひろげてきた。当時は低予算のインディーズの映画にも積極的に出演した。

「いまの時代、社会ではとにかくスピードやヒット性が求められますが、それに合わせた作品ばかりに出ていると偏りかねない。自分にとってよくないんじゃないかって。小さいものならではの素晴らしさがあります。控えめだけど深い、そんな作品のよさを強調したい思いがあります。見る方々にとっても演じる側にとっても多様性は大事です」

 10本以上のCMにも出演。人気ぶりは韓国で社会現象になっていた。ドラマ「私の名前はキム・サムスン」(2005年)のとき以上の大ブレークだった。韓国の女性たちからは圧倒的に支持されたが、そうした状況を冷静に見ていた。


「これまで経験したことのない状況ですが、その状況を楽しんでいます。以前、『私の名前はキム・サムスン』に出たときも多くの方々に愛していただきましたが、当時は人気を楽しめる余裕なんてありませんでした。でもいまは経験を積んだせいか、あるいは年齢のせいか、気持ちに余裕ができ、楽しめる自分がいます」

 人気が出れば、人気を失うという恐怖も味わうことになるが、そうした恐怖はまったく感じていないと語っている。

「なぜ自分でもそう思えるのか、不思議なんですけど。自分に自信があるからというわけでもないんですが。実は、こんな人気を浴びている状況は自分のものではないという考えがつねに自分のなかにあるんです。だから人気がなくなっても、元の自分に戻っただけと思うでしょうね。いまの状況でいられたらとは思いますが、人気がどうのこうのではないですね」

 どれほど人気が出てもおごったところはない。いつも笑顔で礼儀正しい。ヒョンビンを身近で知る人たちは、オールマイティーを要求される韓国のトップスターにあっても、抜群の好青年だと口をそろえる。つねに品行方正のイメージがあるなか、ストレスがたまり、羽目をはずすことはないのだろうか。以前、酒が強くないと聞いたことがある。

「もちろん、ストレスを感じることもありますよ。でも僕の場合は、周りにすごく恵まれていると思うんですね。自分に足りないところも補ってもらってここまでこられました。ストレスがたまっても、周りの人たちと一緒にお酒を飲んだり、また一緒に仕事をしたり、それを繰り返すことで乗り切ってきました。役者同士で共感し合えることも多いです。あとストレッチで、気分を発散しています」

 いつも冷静沈着そうに見えるが、実は違うという。

「あがり症です。一番苦手なのはオーディションです。100メートル走のスタートに立つときなんか、もう大変です(笑)」

 これまでに一番つらいと感じたことは何かとたずねたら、ひとつには絞れないと語った。ただ、演技をやめようと思ったことはないという。

「結構いっぱいありますねぇ。芝居が思うようにいかないとか、仕事で大変だとか。誰かにそれを話したくても話せる相手が周りに誰もいない。かつてそういう状況になってとてもつらいと思うことがありました」

 人気絶頂の11年3月、多くの芸能人が陸軍の芸能兵になるなか、陸軍より断然きついといわれる海兵隊を志願。ファンに惜しまれて入隊、軍隊に行った。いま考えると、それも役者人生に何がプラスになるかを緻密に考えたうえでの行動だったのだろう。

 12年末の除隊後は映画「コンフィデンシャル/共助」や「愛の不時着」などで本格的なアクションを披露。この3年間に映画とドラマに6本出演するなど精力的に活動をしている。

 いま世界中でヒョンビン・シンドロームが起こっているが、ヒョンビンはきっと、これまでのように、その現象も冷静に楽しんでいるだろう。

「愛の不時着」のヒロインはヒョンビンがこれまで選んだように、男性と互角に生き、仕事にも恋にも情熱的な女性だった。オフィシャルインタビューによると、ヒョンビンは、北朝鮮の将校リ・ジョンヒョクのどの部分を強調すれば、人物のキャラクターを魅力的につくりあげられるかを多面的に考えている。かつて「キム・サムスン」で役作りについて語っていたように。ただ、ジョンヒョクはこれまでの誰よりも本人に似ていると私は思う。最高のあたり役だ。

「キム・サムスン」から15年。3度の大ブームを起こしたスターは韓流のなかでも珍しい。でも偶然ではない。ヒョンビンが冷静に作品を選び、緻密に計算し、努力して、役をつくりあげたのだ。そしてどのラブストーリーも時代のちょっと先を走っている。ヒョンビン、すごい!

※週刊朝日  2020年7月10日号より抜粋

サイトで見る