川崎競馬の滝川寿希也騎手が “八百長暴露” におわせ? SNS不適切発言で騎乗停止問題

週刊朝日

エースの滝川寿希也騎手の騎乗停止で揺れる川崎競売(c)朝日新...

 神奈川県川崎競馬組合は5月13日、滝川寿希也騎手(23)=川崎・田辺陽厩舎=を13~16日までの4日間、騎乗停止とする処分を発表した。SNSで不適切な発言を繰り返し、競馬の信用を失墜させたという異例の処分内容だ。滝川騎手に対しては不適切発言で4月1、2日にも騎乗停止の処分が科されていた。

 2013年にデビューした滝川騎手。これまで通算501勝をあげ、昨年度は172勝をあげ、川崎競馬の最多勝利、リーディングジョッキーに輝いたスター騎手だ。しかし、滝川騎手に騎乗依頼したことがある調教師はこう話す。

「素行は前々から悪いヤツなんだよ。朝、調教に来てくれと言っても、来ない。理由は飲み過ぎて寝ていたという。しかし、腕はいいから仕方なく乗せていた。だが、今回の騒動をみて、ついにやっちゃたか。こりゃダメだなという感じだね」

 これまでも滝川騎手は、公正が最重要な競馬界にあってその言動、立ち振る舞いが問題視されていたという。今回、問題になったのが、滝川騎手のツイッターや知人とみられる人物のユーチューブだった。

 4月にはJRA、日本中央競馬会のG1レース、天皇賞の出走馬が、取り消したことについて<故障で使えないのは天皇賞やる意味0(ゼロ)>

 今年3月28日のツイッターでは特定の馬の名前をあげて<単勝500万円行きます>とつぶやいた。

 騎手は原則、馬券の購入や予想は禁止。滝川騎手があげたのはJRAのレースの馬名だが、前出の調教師はこう呆れた。

「競馬法は不正防止のため、地方競馬の騎手、調教師などが他の地方競馬でもあっても馬券を買うことは厳禁。もし馬券を買っていたとなれば、競馬法違反で処罰される。それが別組織のJRAだとしても、レースの予想、単勝をいくら買うなんてことは絶対に公言してはなりません。例えば馬を生産する牧場など、つながりはあちこちにあり、誤解を招きかねない。八百長がないように、競馬の公正さを保つため、みんな細心の注意を払っている」

 つぶやきはそれだけで終わらなかった。トラックの運転手だという相手にツイッター上で、<こっちはサラリーマンじゃねー>
<トラックドライバーと一緒にされたら騎手も終わり>
<全然騎手のが夢のある難しくて大変な仕事>

 こうした職業批判するようなつぶやきを繰り返してバトルを展開。
実はこんなツイッタ―のつぶやきは以前からあり、滝川騎手は4月に組合から処分を受けた。


 自身のつぶやきを示しながら、<騎乗停止の理由はこれ><まじ意味不明><なめている>と反論している。

 そして、組合が一番、問題にしたというのは、競馬の予想を手がけているとされる関係者と一緒にユーチューブ動画に滝川騎手が出ていること。
親密さをアピールする内容となっている。

そんな状況を察知していたのか、3月28日のツィートでは<地方競馬存続に関わると思う>と意味深な内容。

「川崎競馬など地方競馬の裏、八百長などについて暴露するんじゃないかとのウワサが流れている。そんな内容をつぶやいて数日後に騎手免許の取消を願い出ていると聞いた。競馬の予想の業者と親しくするなんてありえない。自身の素行を棚に上げて、何を考えているのだか、競馬界では怒りの声しきりです」(JRA関係者)

 さらに滝川騎手は今年4月に合同会社を設立して、自身が代表者に就任。法人登記を確認したところ、4月3日に合同会社B社が川崎市内に登記されていた。処分明けの滝川騎手のつぶやきが注目される。(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事

サイトで見る