“韓国の坂口健太郎”も! 次世代担う“韓流”実力派俳優4人

週刊朝日
 韓流ドラマファンといえば、かつては中高年女性が中心だったが、最近では10~20代の若い女性も増えつつある。昨年はイ・ミンホ、チ・チャンウクなど主演級の人気俳優が次々に入隊したが、彼らの不在を埋めるように、魅力溢れる20代の俳優が続々と頭角を現してきたからだ。ルックスも実力も兼ね備えた若手4人を紹介する。

【“韓流”実力派俳優4人のフォトギャラリーはこちら】

 今、乗りに乗っているのが“韓国の坂口健太郎”こと、ナム・ジュヒョク(24)。元女子フィギュアスケート選手の村上佳菜子さんも彼のファンの一人で、1月放送の「人生が変わる1分間の深イイ話×しゃべくり007 合体スペシャル」で「ナム・ジュヒョク愛」をアツく語っていた。

 武器の一つが、少女漫画から出てきたような長身で整った顔立ちという抜群のルックス。そのイケメンぶりは、世界でも認められており、米国の映画レビューサイト「TC Candler」が年末に発表する「最もハンサムな顔 100 2017」では23位にランクインされた。

 韓国最高のモデル事務所YG KPLUSに所属し、モデルデビューから1年で俳優に転身。2作目のドラマ「恋するジェネレーション」で主役級に抜てきされると、水泳シーンでは鍛え上げられた美体を披露する一方、子犬のように無邪気に笑い、見ている女性たちをキュンキュンさせた。「ハベクの新婦」では、人間界に降りてきた“神”役に挑戦。人間界のしきたりや仕組みに戸惑うキュートな姿と、神々しい銀髪姿で、再び女心を震わせた。

 韓流エンターテインメントライターの安部裕子さんは次のように語る。

「『チーズ・イン・ザ・トラップ』では、友達以上恋人未満の年上女性に子分扱いされるかわいい年下男役を好演。彼女の言うことなら何でも聞いてあげる優男が時折みせる男らしさに萌え萌え。一方、バラエティー番組ではいじられ役。優しく真面目な人柄に応援したくなります」

 衛星劇場のトーク番組「どっぷり韓国ドラマ」などにコメンテーターとして出演中のライターの高橋尚子さんはこう話す。

「彼の魅力はキラキラ感。素顔が天然というギャップもいい」

 またインスタグラムにアップされる写真の“彼氏感”も人気の秘密だという。

「インスタにあがるプライベートショットや動画は、ナチュラルなものが多くて、隣にいるような錯覚に。本当に見つめられてるようでドキッとします」(20代ファン)

 そのインスタのフォロワー数は、約950万人。日本の“インスタ女王”渡辺直美(約780万人)をゆうに超す。昨年は、タイ、フィリピン、台湾などを回るアジアファンミーティングを開催。日本でもブレークする日は近いだろう。

 同じくモデル出身で、今年の飛躍が期待されているのが、俳優歴2年弱のヤン・セジョン。2016年に製作された「師任堂(サイムダン)、色の日記」で演技者の道へ。現代と朝鮮時代の二つの時代を描く同作で一人二役を演じ注目を集めると、「愛の温度(原題)」で早くも主演し、その年の「SBS演技大賞」男性新人賞を受賞するスピード出世だ。

「最近の若手俳優は総じて演技力が高い。その中でも新人とは思えない安定した演技力を持っている。演技派やベテランを相手にしても堂々と演じていることからも、相当肝が据わっているのでは」(高橋さん)

 武器は、その「目」。目の強さや柔らかさなど、役柄や場面によって目の表情を変えられるという。

「キラキラ系ではないので一発でガツンとはこないが、知らぬ間に惹かれている。一度ハマると抜けられない魅力があります」(同)

 最新作は、クローン人間vs.刑事のスリリングな追跡劇を描くクライムサスペンス「デュエル〜愛しき者たち〜」(日本でDVD発売中)。善と悪のクローン人間、リアル人間の3役を玄人好みの演技でこなす。その可能性は底知れない。

 高橋さんが「20代で最強の主人公俳優」と言ってはばからないのが、イ・ジョンソク(28)。

「一言で言えば、“主人公オーラ”を放つ稀有な俳優。少年のようなはかなさともろさ、危うさを内包しつつ、憂いや切なさ、愛くるしさもある。ふいに漏れる大人の色気と、低く響く落ち着いた声もいい。武器はビジュアルに加えた繊細な感性と演技の多様な引き出し。繊細で感性を揺さぶる、暑苦しくない演技も好印象です」(同)

 ヒットメーカーの脚本家パク・ヘリョン氏は3作連続で主役として起用、その演技力とスター性に絶大な信頼を寄せている。16年には「W‐君と僕の世界‐」でMBC演技大賞を受賞し、名実ともに認められた。入隊の上限年齢(満30歳の12月末まで)に近づいているため、年内に入隊といううわさも。今後の動向が注目される。

 最後は、カラオケの十八番は中島美嘉の「雪の華」で、NEWSや山下智久、ドラマ「プロポーズ大作戦」も好きだと明言する“日本通”のパク・ボゴム(24)。高校の第2外国語では日本語を選択していたという。最近は抹茶にハマっているとか。

「圧倒的な清潔感と優等生オーラ」(安部さん)

「聡明で透明。無垢という言葉がぴったり。彼を見ていると清らかな気持ちにさせられる」(高橋さん)

「ずばぬけたスター性は、韓流界の羽生結弦のよう」(韓流ライター)

 と、業界人がこぞってベタ褒めする。15年、ドラマ「恋のスケッチ~応答せよ1988~」で演じた純粋培養の天才棋士役でブレーク。旅番組「花より青春〜アフリカ篇」で、スタッフに突然車に乗せられ空港に連行されているにもかかわらず、道中「僕のせいで窮屈になってすみません」とスタッフを気遣う“聖人”ぶりと、旅の全てのものや出来事に感謝し感動する天使のような人柄が世に知れ渡り、「ボゴム熱」がヒートアップした。

 翌年、宮中ロマンス「雲が描いた月明り」で初主演。男装女子に恋するツンデレ世子(世継ぎ)をロマンチックに演じると、スターの地位を確立した。人生順風満帆に見える彼だが、実は、幼くして母親を亡くし、家族の借金に悩まされた過去もあるという苦労人だ。

「雲が描いた月明り」が本国で放送終了後間もなく、日本でもKNTVで放送されると、韓流ファンが注目。昨年11月に地上波のテレビ東京「韓流プレミア」枠でも放送されるとファンのすそ野がぐっと広がった。昨年末に千葉・幕張メッセで開催した日本ファンクラブの発足記念ファンミーティングには、なんと1万人弱のファンが駆けつけたという。

 日本の韓流雑誌業界で「表紙にして売れる俳優がいない」と言われる昨今。パク・ボゴムは、そんな日本の韓流シーンの救世主になるかもしれない。(ライター・酒井美絵子)

※週刊朝日 2018年3月23日号
サイトで見る
Outbrain