新入生を狙う「カルト」の最新手口 SDGsやゴスペルサークルを偽装、SNSで“カモ”探し

dot.
カルト宗教
大学側も「カルト宗教」の勧誘には警戒を強める。写真は公式YouTubeにカルト対策の動画をアップしている大阪大学の豊中キャンパス(PIXTA)

 4月は大学の入学シーズン。以前より対面での交流がしやすくなり、新たな出会いを楽しみにキャンパスに向かう新入生も多いだろう。ただ、大学側がこの時期、強く注意喚起しているのがカルト宗教やマルチ商法の勧誘被害だ。初対面で正体を見抜くのは難しく、「今年は新入生だけではなく、リアルの交流がやっと始まる上級生も標的にされかねない」(専門家)。大学生が狙われるその手口や特徴の一端を見てみよう。

【写真】かつて社会問題となった宗教団体「摂理」の現在

*  *  *
「カルト宗教の勧誘は、初対面ではその正体を見抜くことはできません。逆にとても魅力的な人たちや集まりに見えるということを、必ず知っておいてください」

 そう強く呼びかけるのは、カルト宗教からの脱会相談を長年受けている全国霊感商法対策弁護士連絡会の渡辺博弁護士だ。

 渡辺弁護士によると、コロナ禍で大学のキャンパスで学生が減る中、カルト宗教はSNSを通じて学生たちに接触する活動を強化した。

 例えばツイッターで「#春から〇〇大」という新入生らしきハッシュタグを見つけると、信者の現役大学生やOBらが、接触を試みる。「いきなり宗教に勧誘するのではなく、正体を徹底して隠しフレンドリーなコメントで近づいていくのです」(渡辺弁護士)

 この春はSNSに加え、キャンパスでの勧誘が再び活発化すると渡辺弁護士は見ている。毎年、ターゲットになるのは主に新入学生だが、今春は、コロナ禍でキャンパスライフが送れず、リアルの大学生活がやっと始まる新入生気分の2、3年生もいるからだ。

 渡辺弁護士は、「重ねて強調しますが、初対面で正体を見抜くことはできません」と前置きした上で、知っておいた方がいい勧誘の手口や団体の特徴を挙げる。

▽キャンパス内に一人でいる学生を狙うことが圧倒的に多い。その場所や人目があるかないかは問わない。

▽信者らは一人だったり複数だったりさまざま。複数でも最初から一緒にいるとは限らない。警戒されないよう、信者同士が「久しぶり!」とターゲットに定めた学生のそばで偶然出会ったように装い、その流れで声をかけてくるなど手が込んでいる。

▽フットサルやバレーボールなどのスポーツ。最近注目されているSDGsやボランティア活動。ゴスペルなどのサークルに偽装している。さらに、実際にスポーツの大会に出場したり、ボランティア活動の実績を作るなど、気づかれないための正体隠しが徹底している。

▽やたら好感度の高い男性、女性が多く「いい人」だと感じてしまう。

▽集まりに参加すると、社会人が登場する。学生の目には魅力的な仕事や立場に映る「すごい人」たちが多い。

▽団体の責任者、イベントの主催者があいまい

 などである。あくまで目立つ例で、これらに該当しなければ安心ということではない。

「さわやかで好感度の高い人ばかりの集まりって、冷静に考えたらおかしいですよね。さらに、集まりに参加すると魅力的な仕事や立場の社会人が現れる。そんな団体が、そうそうあるはずありません。ただ、新入生は好感度にだまされてついていってしまったり、社会人を『すごい人たち』と信じ込んでしまいがちなのです」(渡辺弁護士)

 勧誘されても、その日はついていかない。学生課などに相談する。団体のことをネットなどで調べる、などマニュアル的な対策はあるが、冷静に実行できる新入生はなかなかいないだろう。

 実際、全国の大学が学生へのカルト宗教の勧誘に危機感を強めている。

 例えば、多くの大学がカルト対策として視聴をすすめている大阪大学の公式YouTube。一人で歩いている学生を信者が「待ち伏せ」し声をかける。何気ない授業の話から就活の話題に入ったころ、大学OBを名乗る信者が偶然を装って登場、就活のアドバイスをすると称して学生とLINE交換し個人情報を入手する、などの勧誘被害事例を紹介している。

 法政大学はホームページで、カルト宗教に目立つ手口として「集まりに参加した次は、セミナーに誘われる」というケースを紹介。カルト宗教に入信し、脱会したものの、学業を続けられる精神状態ではなく退学せざるを得なかった学生がいたとしている。東京大学は、危険な団体がSNSでハッシュタグ「 #春から東大」 をぶら下げて情報発信していると注意喚起している。

 では、学生が“カモ”にされないためにはどうすればいいのか。

 渡辺弁護士は最も手近な対策として、「おしゃべり」を挙げる。

「勧誘されたり集まりに参加したら、そのできごとを必ず誰かに話してください。相手は友達でも親でも、同じ新入生でもいい。相談ではなく、ただのおしゃべりでいいんです。直接話せないならLINEなどでも構いません」

 自分はいつの間にか舞い上がってしまっていても、冷静な第三者は何か変だと気づいて指摘してくれるケースが多いのだという。

「カルト宗教は学生一人をターゲットにして取り込んでいくので、誰かに話されることを嫌がります。誰かに話したと伝えたり、次に会うときに友人などを連れて行くと標的から外す可能性もあります」

 新入生らを狙うのは、カルト宗教だけではない。「マルチ商法」の勧誘も活発だ。

 先輩などから「かんたんにお金もうけができる」と持ちかけられ、投資のノウハウが入っているとされる数十万円のUSBの購入を持ちかけられる。払う金がないと「すぐに返せる」などと言いくるめられ、貸金業者に連れていかれる。

 さらに、USBを売って仲間を増やせばもっと稼げるとうながされ、いつのまにか被害者だった自分が加害者側に立っているケースも少なくない。カルト同様、SNSで「#春から〇〇大」のハッシュタグなどを狙って接触してくるのも、近年増えている手口だ。

 マルチ商法についても各大学がホームページなどで啓発しているが、例えばこうした被害事例がある明治大学は「警戒心が薄く、はっきりと断れない学生が狙われやすい傾向がある」と説明する。カモになりそうな学生を見定めているのだろう。

 出会いの春。魅力的な人たちばかりの集まりに誘われたり、飛びつきたくなるもうけ話を持ちかけられる場面があるかもしれない。

 渡辺弁護士はこうも指摘する。

「『もう子供じゃないから親や周りにいろいろ言われたくない、自分の道は自分で決めたい』。勧誘側はそうした若者の心理を熟知し、周囲から切り離そうとするのです」

 心のどこかで“自分も狙われるかもしれない”という気持ちを持ちながら、新生活を楽しんでほしい。(AERAdot.編集部・國府田英之)