教職のブラックすぎが原因!? 教育学部の志願者数が約10年で「激減」の衝撃

dot.

国公立大の教育・教員養成学部志願者数推移。駿台予備学校調べ

 ブラックだと言われている教職。教育学部の志願者数や、教員採用試験の受験者数は、果たして増えているのか、それとも減っているのか。教育現場で働く教員らの声を交えて、現在の教員が抱える問題点などを検証する。

【関東地方や近畿地方の大学など、表の続きはこちら!】

*  *  *
■教員志望が多かった1970年代半ば

「1970年代の初め頃、高度経済成長によって民間給与が上昇したため、相対的に小中学校の教員の給与が低くなりました。74年に田中角栄内閣が教員の給与を一般の公務員より優遇することを定めた『人材確保法』を公布し、5年間で段階的に給与改善を行いました。この頃は、教員志望者が多かったのです」

 駿台教育研究所進学情報事業部長の石原賢一さんは、教員志望が多かった時期とその理由をこう振り返る。

「聖職」と言われて来た教職だが、1990年代には学級崩壊が報道されるようになり、2000年代には学校や教員に理不尽なクレームをいうモンスターペアレントが話題になった。その後、モンスターペアレントの子どもがモンスターチルドレンとなり、教育現場の苦労が増幅した。

「学級崩壊などの報道で教員が敬遠されるようになりましたが、2008年のリーマン・ショック後の不景気の頃は、堅い仕事として、再び教員が人気になりました」(石原さん)

■約10年前と比べると、教育学部の志願者減少

 国公立大の2019年入試の教育学部の募集人員と志願者数を、2018年、2010年の数値と比べて、表にした。まずは、2019年入試の志願者数を2018年と比べてみよう。

「昨年と志願者数を比べるとそれほど変化はありません。旧帝大の教育学部では、北大、東北大、名古屋大、京大文系、九大が増えています。これらは教育行政や心理などを学ぶ学部で、教員養成の学部ではありません」(同)

 それでは、地方の教員養成系の学部はどうか。

「志願者が増えた大学と減った大学があります。『教員になりたい』という生徒は一定数いるため、前年の志願倍率が高い大学が敬遠され、低い大学に志願者が集まる隔年現象だと考えられます」(同)


 次に、2010年と比較してみよう。リーマン・ショック(2008年)の影響を受けて公務員や教員などの人気が“復権”した時期でもある。その2010年と比べて教育系の学部で志願者数が「激減」した大学は、埼玉大(-844人)、東京学芸大(-963人)、横浜国立大(-1145人)、大阪教育大(-1285人)、福岡教育大(-1362人)と、都市部で際立っている。

「旧帝大の教育学部以外は、志願者の減少が目立ちます。90年代に増えた教員免許の取得を卒業要件としない『ゼロ免課程』は、2010年代半ば以降、廃止する大学が増えました。つまり、教員免許を取得しないでも卒業できたのに、近年は再び必須になりつつあるのです。もちろん、減少の最大の要因は、ゼロ免課程廃止や学部改組に伴う募集人員の減少ですが、志願者の減少率は募集人員減少率を上回っています」(同)

■センター試験得点率4割台で合格も レベル低下を懸念

 上記にもあるとおり、この約10年間で1千人近く志願者数を減らしている国公立大も少なくない。石原さんは、志願者減少の理由を「学校が魅力的な場所ではなくなり、教員も魅力的な職業ではなくなった」ことだと考える。

「いじめ、モンスターペアレント、ブラックな過重勤務などが嫌われているうえ、少子化が改善されないので、生徒たちには『教員は将来性がない職業』に思われています。また、以前の生徒はもっとコミュニケーションをとれていたが、最近は人と関わるのが苦手な人が増えてきていることも、教員が敬遠される理由のひとつだと思います」

 教員を確保しなくてはならないため、地方の国立大では、センター試験の得点率が4割台の生徒も合格しているという。

 教育学部の志願者が減少していることもあり、教員採用試験の受験者も減少している。一方、ポスト団塊世代の教員の退職などによって合格者数は増えているため、倍率は以前と比べて下がっているのが現状だ。

「教育学部の合格が以前ほど難しくないため、教員のレベル低下が懸念されます。複数の進学校の先生から、『若い教員のレベルが落ちている』という話を耳にしました」

■すぐにやめてしまう新人教員

 実際に、若い教員のレベルは落ちているのだろうか。4人の教員から話を聞いた。

 地方都市の小学校で働くベテランの男性教員は、こう嘆く。

「ここ数年の新卒採用の教員をみていると、すぐにカッとなって怒る人、子どもに対する態度が悪い人、休みがちの人、すぐにやめる人が増えています。教員採用試験の倍率が下がってきているので、昔なら不合格になっていた人が教育現場に入ってきているのだと思います。私のように、子どもが好きで、子どもの教育にかかわりたくて教員になったのではなく、職業としてのひとつの選択肢としか考えていないのでしょう」

 地方都市の小学校の女性教員も、「最近の新卒採用の教員は、やめる人が多い」と感じる。

「私たち40代以上の教員は優秀な人が多いし、30代も頑張っていますが、ゆとり世代の20代の教員は、自分の言うことを聞かない児童、子どもを注意すると怒る保護者がいると、頑張ることなくやめてしまいます。今は他にも就職先がいくらでもあるからだと思います。新人教員を指導する教員も、最近は『やめたらいかんよ』と言って、優しく接しています」

 県・郡部の小学校で働くベテランの男性教員も、「子どもに受け入れられない新卒の教員がいる」と漏らす。

「叱り方がねちねちしています。『次は気をつけよう』と明るく言えばいいのに、ずっと言い続けるので、『あれでは子どももきついよな』と思います。今まではこんな先生はいなかったのですが……」

■クレームばかりの親対応でうつ病

 一方、うつ病になる若い教員もいるという。ただでさえ忙しい教頭を務める女性教員がこう話す。

「クレームばかり言ってくる親と対応しているうちに、うつ病になった教員がいます。教員不足のため、私がそのクラスの担任になりました。教頭の仕事と担任の仕事を掛け持ちしているため、毎日、21時頃まで働いています」

 4人とも子どもが好きで、子どもたちができるようになったときの笑顔を励みに、熱意と誇りを持って働いている。

 教育学部の志願者減少、教員採用試験の受験者減少、新人教員のレベル低下などにどのように対応していけばいいだろうか。駿台の石原さんはこう話す。

「給与や勤務形態などを改善して、教員が魅力的な仕事にならないと、教員の人気は戻らないでしょう」

 人を育てる教育は何よりも大切なことだ。教育現場が抱えるさまざまな問題を解決し、教員が魅力的な仕事になることを望む。

(文/庄村敦子)

サイトで見る