タンクトップ姿のマッチョな男性が敬老の日に… 新聞に載ったB級ニュースたち

dot.
 事実は小説より奇なり。朝日新聞が報じたB級ニュースを、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』で、夕日新聞社としてピックアップ! その一部を紹介する。

■お助けマッチョ敬老の日を盛り上げる(2017年9月18日 名古屋市)

「敬老の日」に力自慢のマッチョな男たちが、名古屋市内で、力仕事の手伝いや話し相手がほしいお年寄りの家でボランティア活動をした。ジムを経営する橋本誠さんが「鍛えた筋肉を自分の健康や自己満足のためだけでなく、誰かのために使おう」と呼びかけ、20~50代の約30人が応じた。名付けて「お助けマッチョ」。

 タンクトップ姿のマッチョな男性2、3人が、60歳以上の一人暮らしの人や、要介護認定で「要支援1」以上のパートナーがいる夫婦の家を訪れ、3時間の滞在中、力仕事はもちろん、「マッチョ特有の活気」(橋本さん)で会話も盛り上げた。「運動や健康に目を向けるきっかけにしてほしい」。来年以降も続けるつもりだ。

■修理で目が大きくなりすぎた? 日光東照宮の三猿(2017年8月31日 栃木県)

「見ざる・言わざる・聞かざる」で有名な日光東照宮(栃木県日光市)の彫刻「三猿」の目が今春の修理でぱっちり大きくなった。三猿は明治以降、今回に加え、1900年、23年、51年、73年に塗り直された。修理は「日光社寺文化財保存会」が行った。

 文化財の塗装に詳しい窪寺茂・奈良文化財研究所元建造物研究室長によると、「言わざる」の左目の幅は、51年修理で、23年の修理から2割縮小。73年に目は元のサイズに戻ったが、目尻がくっきりリアルに。今回は丸い目に戻り、目の幅は3割増えた。

 毎回変わる表情に保存会も悩む。修理方針は「できるだけ昔の修理後の状況の再現」。だが、最古の写真は51年の修理直前のもので、塗装ははげている。文化庁の担当者は「誤差の範囲」としている。

■著作権は誰にある? サルの自撮り写真(2017年9月11日 アメリカ)


 サルの「自撮り」に著作権は認められるのか?

 イギリスの写真家デービッド・スレーター氏は、2011年、インドネシアのサルに「自撮り」をさせることに成功した。三脚を立てたカメラに、手元でシャッターを押せる器具を付けてサルの近くに設置。歯をむき出しにしてニヤリと笑う写真が有名になった。

 アメリカの動物愛護団体が「著作権はサルにある」と提訴。スレーター氏側は、サルとの信頼関係を築くのに数日かかり、著作権は認められると主張していた。

 結局、写真家が将来、自撮り写真から得られる収益の25%をサルの保護のために寄付することで和解。「法的権利を人間以外の動物に拡大することについて、重要で先進的な議論を巻き起こした」という共同声明を出した。

■犬型においロボ くさいと倒れるよ(2017年9月7日 北九州市)

 犬型のにおいロボットを開発し、量産化に成功した北九州工業高等専門学校発のベンチャー企業が、北橋健治北九州市長を表敬訪問した。

 鼻のセンサーで計測。においが弱いとすり寄り、中程度ならしっぽを振り、強烈なら倒れる。相手を傷つけないよう、コミカルな動きでくささを伝えるしくみ。

「ちゃんと洗ってこなかった」と言いつつ靴を脱いだ北橋市長。足にすり寄るロボに、「気絶してひっくり返るかと思っていた」と胸をなでおろしていた。

※月刊ジュニアエラ 2017年12月号より
サイトで見る
Outbrain