「ひよっこ」名演技 銀杏BOYZ峯田和伸が業界から熱視線

dot.

峯田和伸 (c)朝日新聞社

 NHKの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の視聴率は平均視聴率が20%以上を記録し続け、好調だ。主演の有村架純(24)をはじめ、多くの名優が出演する本作だが、その中で、ロックバンド「銀杏BOYZ」のボーカル、峯田和伸(39)の演技力に注目が集まっている。

「今回は、ヒロインを支えるちょっとテンション高めな変な叔父さん・宗男を好演しています。これまでの彼が求められてきた役柄を踏襲しながらも、さらに深みのある役柄を演じている。個性的な演技をする俳優たちが多い今回のドラマたちの中にあっても、爪痕を残す演技をしています。NHKの朝ドラで注目を集めると、スポンサーや制作関係者からの注目が俄然、高まるので、今後2年はさらにオファーが殺到するでしょうね」(民放テレビドラマのプロデューサー)

 確かに彼がこれまで演じてきたのは映画『アイデン&ティティ』(2003年)での北リスト役をはじめ、『少年メリケンサック』(2008年)での、若かりしころのバンドマン役、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(2010年)でのヘタレの童貞営業マン役といった、ミュージシャンとしてのアイデンティティーを引きずった役柄ばかりだった。

「ロックバンド『銀杏ボーイズ』でギター・ボーカルを務める峯田さんは、その前身バンド『GOING STEADY』(略称・ゴイステ)の頃から、むき出しの感情を切なくてメロディックな音楽に乗せて歌いあげ、男女問わず人気になった。童貞マインド全開のパフォーマンスは、ときに行き過ぎて、ステージ上で全裸になってしまい、書類送検されてしまったこともあった。ミュージシャン活動の傍ら、俳優としても活動してきましたが、これまでの役柄は、音楽活動でのパフォーマンスから想起されるような“エモーショナルな童貞くん”といったような物が多かった。要するに普段の彼そのまんまな感じなわけです。本人は意外とシャイな感じの方ですけどね(笑)」(映画雑誌の編集者)


 もちろん音楽活動も精力的だ。7月から3カ月連続でシングルをリリースし、いくつかの夏フェスに出演し、バンドの人気も衰えない。さらに青春パンクの代表格として人気のサンボマスターのボーカル・山口隆(41)と『オールナイトニッポンR』(ニッポン放送)のスペシャル番組も7月末に放送された。

「『銀杏ボーイズ』といえば、結成メンバーが峯田さん以外全員脱退しており、5月に新体制がお披露目されるまで、峯田さんのソロプロジェクト状態でした。前身バンドが人気絶頂で解散しただけに、さらにカリスマ的なバンドとなっていた。それだけに、脱退後のメンバーの動向にも注目が集まっています」(音楽系情報サイトの編集者)

 実際、オリジナルメンバーのその後の人生についてはメディアで報じられているが、それらの情報によれば、ゴイステ時代からのメンバーでベース担当の安孫子真哉は、音楽レーベル「STIFFEEN RECORDS」を設立。またギターを担当していたチン中村は、瀬戸内海の周防大島で完全無農薬・無肥料によるオリーブや野菜などの栽培、販売をおこなっているという。そして彼ら2人より後にバンドを脱退した、ゴイステからのオリジナルメンバー・ドラムの村井守だけ、その後の動向は明らかになっていなかったのだが……。

「ドラムの村井さんは、実はテレビの製作会社に就職し、プロジューサーとして働いていることが少し前に発覚しました。そして先日、内田理央がMCを務めるネット番組『内田理央のオタカレ募集中!』の企画で、久しぶりにソロでドラムを叩いていました。ツイッターなどSNSでは、突然の村井の登場に、銀杏ファンが盛り上がっていましたね」(テレビ制作関係者)

 ミュージシャン活動の傍ら、俳優としてもさらなる飛躍が期待される峯田と、それぞれの分野で新たな才能を発揮している元メンバー。ミュージシャンとしても共演できることを期待したいところだ。(ライター・黒崎さとし)
サイトで見る