立憲・辻元氏「おじさん政治に舵取りはできない」 自民党の昭和的価値観に苦言

AERA
辻元清美(つじもと・きよみ)/1960年4月28日生まれ。早稲田大学在学中にピースボートを設立。96年の衆議院選挙で初当選。社民党、民主党、民進党を経て、立憲民主党に所属(撮影/小暮誠)

 五輪、コロナ対策、国会運営。あらゆる場面で制度疲労が見える。辻元清美・立憲民主党副代表は、そうした元凶について、多様性を認めない昭和的価値観が政治を支配していることにあると断言する。AERA 2021年9月13日号から。

【写真】菅首相からの寵愛を受けるも、ついに更迭された総務省の高級官僚はこの人

*  *  *
──オリンピックにおける森喜朗元首相の女性蔑視発言をどのように聞きましたか。

 森元首相は、昭和の全盛期におじさんとして確立された象徴のような人。ジェンダーや人権に対する感覚があまりにも鈍感。無自覚すぎます。オリンピックは森元首相に代表されるような、そんな「昭和おじさん」が決定権者として組織の中枢を仕切っている。だから、森元首相の発言後も、彼を慰留したばかりか辞任後、組織委員会は名誉最高顧問にしようとしたじゃないですか。つまり、世界に対しては首を切っておいて、国内では「オリンピックに貢献した立派な人」という扱いで英雄視しました。

──辻元さんは日本の組織の中枢には、年齢に関係なく「オレの言うことは絶対だぞ」という「昭和おじさん思考」を持つ男性がいて、そのことがあらゆる場面で制度疲労を起こしている原因だと分析されています。

 森元首相の「女は話が長い」というのは「黙ってオレの意見を聞いておけばいいんだ」という意思の表れでしょ。その象徴が、政治ですよ。野党が臨時国会を開けと何度も申し入れているにもかかわらず、自民党はそれを拒否して総裁選まっしぐらでしょ。これ典型的な昭和おじさんたちによる権力闘争じゃないですか。

■「お飾り」と「実力」は別

 派閥の親分で政局の中心にいるのは二階俊博幹事長、麻生太郎財務大臣、安倍晋三前首相ら。そして、岸田文雄前政調会長です。結局、派閥の親分衆の論理だけで次の総理を選ぼうとしている。全員、男。しかも、「昭和おじさん思考」の人ばかり。令和という時代になって、次の総理に声があがるのは男中心だなんて異様ですよ。つい最近まで稲田朋美さんの名前があったのですが、党内でLGBT理解増進法案を通そうとして潰されました。あの法案は超党派であとは自民党さえまとまれば成立するはずでした。つまり、自民党そのものが、多様性を認めない「昭和おじさん」そのものの集団なのだと改めて感じました。

──総裁選には、女性で高市早苗前総務大臣と野田聖子自民党幹事長代行が意欲を示しています。

 けれども、自民党が全力をあげて彼女たちを推すということはありません。結局、派閥のおじさんらが「女性を出さないと、女性を大事にしている党だということを示せない」みたいな、下心見え見えの構図じゃないですか。私はいつも「ショートケーキのイチゴになったらあかん」と思っているんです。イチゴとは「女性」のことですよ。肝心のスポンジの部分は、権力と談合まみれのおっさんが牛耳っている。ただの見栄えでフレッシュなイチゴ(女性)をお飾りにする。本来、スポンジの部分はいろんな考えやバックグラウンド、年齢も性別も多様でないといけないと思うのです。その上で「今回は誰にイチゴになってもらおうか」という民主的な議論があって、イチゴを誰にするか決めればいい。イチゴじゃなくても、違うフルーツでもいいじゃないですか。「お飾り」と「実力」を混同したらダメです。

──世界のコロナ対策を見ていても「マッチョな発想のオレについてこい」タイプのおじさんがリーダーの国はうまくいってないように思えます。

 はい。その象徴が米国のトランプ前大統領やブラジルのボルソナーロ大統領。我が国の安倍前首相もそうですよね。中国の習近平国家主席は、コロナの封じ込めに成功したと言われていますが、国家の体制があまりにも違います。英国のジョンソン首相は途中までそうだったんだけど、コロナに罹患すると急におっさん化が止まった。

 その意味ではドイツのメルケル首相、ニュージーランドのアーダーン首相、台湾の蔡英文総統など、女性のリーダーは国民との共感を重んじていますね。社会的弱者を最優先に政策を断行し、自分の言葉で国民に呼びかけています。人権意識や社会の平等感に敏感な女性リーダーの国は結局、コロナ対策もうまくいっています。結局、20世紀型のおじさん政治では、感染症や気候変動の時代を迎えている今、国家の舵取りはできないんじゃないかと思います。

(構成/編集部・中原一歩)

AERA 2021年9月13日号より抜粋