キンミヤ焼酎 東京下町で大人気 隠された感動秘話

AERA
東京・北千住の名酒場「大はし」名物の肉豆腐と、キンミヤの梅割り。酒場愛好家を虜にする定番の味という。ホッピー割りも大人気だ(撮影/写真部・大野洋介)

 三重県でつくられる焼酎「キンミヤ」は東京の東側で7割を売る。愛されるのは、酒蔵の歴代社長が被災者を支えたからだ。

*  *  *
 東京・下町の焼酎といえば「キンミヤ」の名前で知られている亀甲宮(キッコーミヤ)焼酎にとどめを刺すのではなかろうか。最近のレモンサワーやホッピー人気もあって、今やキンミヤはのん兵衛のオジサマだけでなく、若い世代、とくに女性にも大好評だ。

 下町を愛する酒飲みの間で「聖地」と呼ばれる北千住の居酒屋「大はし」。店の看板メニューである「牛煮込み・肉豆腐」は東京3大煮込みのひとつと呼ばれるが、常連はこの煮込みに、キンミヤに梅エキスを加えた「梅割り」を合わせる。さっぱりとしたのどごしが、濃厚な煮込みの味を引き立たせるという。

 キンミヤを製造販売する「宮崎本店」は、三重県四日市市楠町に本社を構える。創業は1846年。地元では「宮の雪」という日本酒の醸造元としても知られるが、創業当時から有名なのは焼酎だった。味の決め手は、仕込みに使う超軟水の鈴鹿山系の伏流水。その柔らかい口当たりが酒の出来を左右する。

 また、太平洋戦争の際に当時の社長が、軍部の統制を回避してまでアルコールをつくり続け、巨額の設備投資をして酒を守った逸話もある。気骨ある地域の酒蔵として宮崎本店は地元で愛されている。

 しかし、なぜ三重の酒であるキンミヤが、東京の下町でも根強い人気を誇っているのか。そもそも、関東では古くから「酒」といえば日本酒。今でこそグルメ雑誌で焼酎特集が組まれるほどの人気だが、それまで東京っ子に焼酎は人気がなかった。酒類業界では、

「箱根の峠を焼酎は越えない」

 と言われていたほどだ。

 そのきっかけは1923(大正12)年にさかのぼる。

 当時も、東京の東側にある隅田川周辺に集中していた工場地帯で働く労働者の間で、庶民価格の大衆酒としてキンミヤは人気だった。そんな中、下町だけでなく東京全域を壊滅させる関東大震災が発生する。その被害は甚大で、東京府だけでも死者・行方不明者は約7万人にのぼったと言われている。宮崎本店6代目社長・宮崎由至(よしゆき)は先代からこんな話を伝え聞いていた。

「非常事態の最中、よその酒屋が売掛金の回収に躍起になっていたとき、うちの3代目は、東京と三重との間を行き来していた樽廻船に支援物資を積んで、東京に向かったといいます。そしてお世話になった酒屋さんにそれを無償で配って歩いたそうです」

 東京の下町の人はこの時の恩義を返すべく、キンミヤの取引を飛躍的に増やした。その後、キンミヤは売り上げの7割を東京の東側で稼ぎ出すまでになった。

 宮崎本店と下町の人々のつながりは現在も続き、この逸話はキンミヤ愛好家の間でも語り継がれている。

 今でこそ災害時に企業が被災地を支援するCSR(企業の社会的責任)は当たり前だが、当時としては画期的なこと。その後も宮崎本店は、阪神・淡路大震災(95年)や東日本大震災時(2011年)でも、被災地に酒の仕込みに使う「水」を届けるなど、被災地支援に積極的に関わっている。

 今も宮崎本店は大量販売の方針はとらず、酒場の主役は酒好きのお客さまだという気持ちから「下町の酒場を支える名脇役」に徹しているそうだ。

 キンミヤと関東大震災。下町で愛される庶民の焼酎の向こう側に、東京の歴史が透けて見える。こういう人情秘話が聞けるあたりも、下町散策の醍醐味である。(文中敬称略)(編集部・中原一歩)

AERA 2018年10月1日号