今年最も稼いだユーチューバーは年収28億円の8歳児 3位は5歳 〈AFPBB News〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年最も稼いだユーチューバーは年収28億円の8歳児 3位は5歳

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News
米カリフォルニア州ロサンゼルスで行われた「ニコロデオン キッズチョイス・アワード」に登場したライアン・カジ君(2019年3月23日撮影)。(c)Chris Delmas / AFP

米カリフォルニア州ロサンゼルスで行われた「ニコロデオン キッズチョイス・アワード」に登場したライアン・カジ君(2019年3月23日撮影)。(c)Chris Delmas / AFP

【12月19日 AFP】米誌フォーブス(Forbes)は18日、動画投稿サイト「ユーチューブ(YouTube)」で今年最も稼いだクリエーターのランキングを発表した。1位は年収2600万ドル(約28億円)を稼いだ8歳のライアン・カジ(Ryan Kaji)君だった。

 ライアン君(本名:ライアン・グアン<Ryan Guan>)は、昨年すでに年収2200万ドル(約24億円)で最も稼ぐユーチューバーとして同誌に取り上げられていた。


 ライアン君のチャンネル「ライアンズ・ワールド(Ryan’s World)」は、2015年にライアン君の両親が始めたもの。開設から3年ほどでチャンネル登録者は2290万人に上る。

 当初は「ライアン・トイズレビュー(Ryan ToysReview)」というチャンネル名で、主にライアン君がおもちゃの包みを開けて遊ぶ「開封」動画を配信していた。

 ソーシャルメディアを分析するウェブサイト「ソーシャルブレード(Social Blade)」によると、いくつかの動画は10億回以上再生されており、チャンネル開設以降の合計再生回数は約350億回に上る。

 消費者擁護団体「Truth in Advertising」は、ライアン君のチャンネルがどの動画にスポンサーがついているのか明示しておらず、企業が自社商品を特集してもらうために資金提供しているのかわからないとして、米連邦取引委員会(FTC)に訴えていた。

 フォーブス誌のユーチューバーランキングでは、ライアン君が米テキサス州出身のグループ「デュード・パーフェクト(Dude Perfect)」をしのいだ。デュード・パーフェクトは、ビルの最上階やヘリコプターからバスケットボールのシュートを決めるなど、一見不可能に見える技に挑む動画を配信している。

 デュード・パーフェクトは、2018年6月1日~19年6月1日で2000万ドル(約22億円)を稼ぎ、昨年の3位から上昇して2位につけた。

 3位はロシアのアナスタシア・ラジンスカヤ(Anastasia Radzinskaya)ちゃん。わずか5歳で1800万ドル(約20億円)を稼いだ。

 アナスタシアちゃんは「ファニー・ステイシー(Funny Stacy)」などのチャンネルで計7000万人近くの登録者を抱え、ロシア語や英語、スペイン語で動画を配信している。(c)AFP


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2020 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい