グーグル従業員が一斉スト、世界各地でセクハラ対応に抗議 (1/2) 〈AFPBB News〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

グーグル従業員が一斉スト、世界各地でセクハラ対応に抗議

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

英ロンドンにあるグーグル支社で、同社のセクハラに対する姿勢に抗議してストを行う従業員ら(2018年11月1日撮影)。(c)Tolga Akmen / AFP

英ロンドンにあるグーグル支社で、同社のセクハラに対する姿勢に抗議してストを行う従業員ら(2018年11月1日撮影)。(c)Tolga Akmen / AFP

【11月2日 AFP】米IT大手グーグル(Google)の従業員は1日、性的嫌がらせ(セクハラ)への同社の対応に抗議し、シンガポールや英ロンドン、米カリフォルニア州やニューヨークなどで一斉に職場を離れストを行った。

 米ニューヨークでは数百人の従業員が職場を離れ通りに出た。中にはセクハラ告発運動「#MeToo(私も)」やジェンダー格差の解消などを訴える運動「タイムズ・アップ(Time’s Up、もうおしまいの意)」にならい、「Time’s Up Tech」と書かれたプラカードを持つ人もいた。グーグルは同市のチェルシー(Chelsea)地区に大きなオフィスを構えている。

 アイルランドの首都ダブリンでは寒空の中、従業員約500人が職場を放棄した。ただストライキ参加者は報道陣の取材には消極的だった。

 ダブリンでのストを主催したケイトさんは集まった人々に対し、スト実行の目的を「私たちの職場でセクハラや性的不品行をいかなる形ででも経験したすべての人との連帯を示す」ためと説明した。

 ケイトさんはその後記者団に対し「たとえ1人だけが経験したとしても連帯を示し、私たちはこれに同意していないと、またこれが起こるべきでないと発言することが私たち、そして私にとって重要」だと述べた。


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2019 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい