平昌五輪特集

AERA dot.

中国ペアがパーソナルベストでSP首位発進、平昌冬季五輪

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

平昌冬季五輪、フィギュアスケート・ペアのショートプログラム(SP)の演技に臨む中国の隋文静/韓聰組(2018年2月14日撮影)。(c)AFP/Mladen ANTONOV

平昌冬季五輪、フィギュアスケート・ペアのショートプログラム(SP)の演技に臨む中国の隋文静/韓聰組(2018年2月14日撮影)。(c)AFP/Mladen ANTONOV

【AFP=時事】平昌冬季五輪は14日、フィギュアスケート・ペアのショートプログラム(SP)が行われ、中国の隋文静(Wenjing Sui)/韓聰(Cong Han)組がパーソナルベストの82.39点を記録し、首位で15日のフリースケーティング(FS)を迎えることになった。

 世界王者の中国ペアは、レナード・コーエン(Leonard Cohen)の「ハレルヤ(Hallelujah)」に乗せた演技でジャッジと観衆を魅了。隋文静はSP終了後、「とても緊張していて、メークしているときから心が乱れていました。だけど演技が終わってみれば、ただそれだけだったことに気づきました」とコメントしている。

 団体戦で銀メダルを獲得しているOAR(ロシアからの五輪選手)のエフゲニア・タラソワ(Evgenia Tarasova)/ウラジーミル・モロゾフ(Vladimir Morozov)組は、パーソナルベストの81.68点を記録し、中国ペアに僅差の2位発進した。

 3位には団体戦で金メダルを獲得したカナダのメーガン・デュアメル(Meagan Duhamel)/エリック・ラドフォード(Eric Radford)組がつけた。
【翻訳編集】AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加