平昌五輪特集

AERA dot.

女子回転も強風で延期に、平昌五輪アルペンで3度目

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

平昌冬季五輪、アルペンスキー女子回転。競技開始が遅れる中、スキーで滑る大会ボランティア(2018年2月14日撮影)。(c)AFP PHOTO / Fabrice COFFRINI

平昌冬季五輪、アルペンスキー女子回転。競技開始が遅れる中、スキーで滑る大会ボランティア(2018年2月14日撮影)。(c)AFP PHOTO / Fabrice COFFRINI

【AFP=時事】国際スキー連盟(FIS)は14日、同日行われる予定だった平昌冬季五輪のアルペンスキー女子回転を延期すると発表した。

 FISは「現在の天候状況のため、本日の回転は2月16日金曜日に延期された」と声明を発表した。

 平昌五輪でのアルペンスキー競技はこれで3種目が延期となり、大混乱の様相となっている。

 竜平アルペンセンター(Yongpyong Alpine Centre)のレインボーコースで技術系種目の回転に臨む選手たちは、山を登るために全長3.7キロメートルのゴンドラを利用することになっているが、強風のため運行が停止されている。

 また、強風により選手やコースを管轄するために必要な多数の役員にとってもコースが危険な状況となっていた。
【翻訳編集】AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加