平昌五輪特集

AERA dot.

オランダ勢がワンツーフィニッシュ、スピードスケート男子1500m

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

平昌冬季五輪、スピードスケート男子1500メートルの表彰式に臨むパトリック・ルスト、キエルド・ナウシュ、キム・ミンソク(2018年2月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / JUNG Yeon-Je

平昌冬季五輪、スピードスケート男子1500メートルの表彰式に臨むパトリック・ルスト、キエルド・ナウシュ、キム・ミンソク(2018年2月13日撮影)。(c)AFP PHOTO / JUNG Yeon-Je

【AFP=時事】平昌冬季五輪は13日、スピードスケート男子1500メートルが行われ、キエルド・ナウシュ(Kjeld Nuis)が金メダル、パトリック・ルスト(Patrick Roes)が銀メダルを獲得し、オランダ勢がワンツーフィニッシュを果たした。

 オランダ勢は今大会のスピードスケートで圧倒的な強さをみせており、ここまで4種目すべてで金メダルを獲得している。

 3位には地元の声援を受けた韓国のキム・ミンソク(Kim Min-seok)が入り、銅メダルを獲得した。
【翻訳編集】AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加