平昌五輪特集

AERA dot.

ニルソンが女子スプリント・クラシカルで金、男子はクレボ

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

平昌冬季五輪、クロスカントリースキー女子スプリント・クラシカルの表彰式に臨むマイケン・ファラ、スティナ・ニルソン、ユリヤ・ベロルコワ(2018年2月13日撮影)。(c)AFP/Christof STACHE

平昌冬季五輪、クロスカントリースキー女子スプリント・クラシカルの表彰式に臨むマイケン・ファラ、スティナ・ニルソン、ユリヤ・ベロルコワ(2018年2月13日撮影)。(c)AFP/Christof STACHE

【AFP=時事】平昌冬季五輪は13日、クロスカントリースキー女子スプリント・クラシカルが行われ、スウェーデンのスティナ・ニルソン(Stina Nilsson)が自身初の五輪金メダルを獲得した。

 2014年のソチ冬季五輪で銅メダルに終わったニルソンは3分3秒84を記録し、2位に入ったノルウェーのマイケン・ファラ(Maiken Caspersen Falla)を3秒03差で抑えた。

 銅メダルはOAR(ロシアからの五輪選手)のユリヤ・ベロルコワ(Yulia Belorukova)が獲得した。

 一方、同日に行われた男子スプリント・クラシカルでは、大会初出場のヨハネス・クレボ(Johannes Klaebo、ノルウェー)が3分5秒75で金メダルを獲得した。

 イタリアのフェデリコ・ペレグリーノ(Federico Pellegrino)が銀メダル、OARのアレクサンドル・ブルシュノフ(Alexander Bolshunov)が銅メダルを手にしている。
【翻訳編集】AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加