AERA dot.

トランプ氏「私の核のボタンの方が強力」 正恩氏に応酬

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

ドナルド・トランプ米大統領。ホワイトハウスで(2017年12月16日撮影)。(c)AFP PHOTO / NICHOLAS KAMM

ドナルド・トランプ米大統領。ホワイトハウスで(2017年12月16日撮影)。(c)AFP PHOTO / NICHOLAS KAMM

【1月3日 AFP】(更新)ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は2日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長に対し、自身が持つ核のボタンは金委員長のものより「はるかに大きく強力」だと威嚇した。

 金委員長は1日に発表した新年の辞で、核のボタンは「いつも私の机の上に置かれている」と主張。核弾頭と弾道ミサイルの量産などを指示していた。

 トランプ大統領は2日夜、ツイッター(Twitter)に「北朝鮮の指導者、金正恩が核のボタンはいつも机の上にあると言った。弱りきり、飢えた彼の政権の誰か、どうか伝えてくれないか。私も核のボタンを持っていて、それは彼のものよりはるかに大きく、はるかに強力だと。私のボタンは実際に作動する!」と投稿した。

 金委員長は新年の辞で、平昌五輪に関連して韓国と高位級協議を行うことに前向きな姿勢も示した。

 トランプ氏は2日朝には「ロケットマン(金氏)は今、初めて韓国との対話を望んでいる。いいニュースかもしれないし、そうではないかもしれない。じきに分かることだ!」とツイート。最近の北朝鮮兵士らによる脱北や金氏による南北協議の提案を引き合いに出し、「制裁や『その他の』圧力が北朝鮮に大きな影響を及ぼし始めた」と述べていた。(c)AFP


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加