AERA dot.

ショパンの死因ついに解明か コニャック漬けの心臓が語る真実とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News#病気

ポーランド・ワルシャワから40キロ離れたジェラゾバボラにあるショパンの生家の前に建てられたショパンの像(2010年5月7日撮影)。(C)AFP PHOTO/JANEK SKARZYNSKI

ポーランド・ワルシャワから40キロ離れたジェラゾバボラにあるショパンの生家の前に建てられたショパンの像(2010年5月7日撮影)。(C)AFP PHOTO/JANEK SKARZYNSKI

【AFP=時事】世界中で今なお愛されている19世紀のピアニストで多作な作曲家、ポーランド系フランス人のフレデリック・ショパン(Frederic Chopin)の早世の理由が、自身の心臓によって明らかになるかもしれない。

 ショパンは39歳でこの世を去ったが、その原因をめぐっては長きにわたり結核と思われてきた。しかし2008年、ポーランドの医療専門家らが、いつも病弱だったショパンは実際には嚢胞(のうほう)性線維症にかかっていた可能性を指摘した。

 そしてこのほど、コニャックと思われる液体が入った瓶の中で168年前から保存されているショパンの心臓をより詳細に調べるため、同じくポーランドの研究者らが最新技術を用いてより正確な診断を行った。

 研究チームを率いたポーランドの分子・臨床遺伝学の権威、ミハウ・ビット(Michal Witt)教授は、AFPの取材に死因はやはり結核だった可能性が高いことを明らかにした。

 密閉された瓶を開けることができないため、研究チームは2014年に撮影された高解像度画像を診断に使用。ビット教授は「私たちが目にした病変は、長い間信じられていた最初の診断、すなわち結核によく当てはまる」としながら、ショパンの心膜に結核に起因する合併症の典型的な病変をはっきりと見ることができると述べた。

 ただその一方で、DNA検査をしなければ嚢胞性線維症の可能性を完全に排除することはできないことも認めている。

 ポーランドの文化省は2008年、嚢胞性線維症の兆候を示すCFTR遺伝子を調べるためにショパンの心臓のDNA検査を申し出た研究者らの要請を却下した。検査によって心臓に取り返しのつかない損傷が与えられるのを恐れたためだ。

 ビット教授は、ショパンが嚢胞性線維症にかかっていた可能性についてはまだ議論の余地があるとしながらも、「確実に証明することはできないが、ショパンが患っていたのは嚢胞性線維症ではなく結核だった可能性の方がはるかに高い」と語っている。



トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2018 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む

   病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加