AERA dot.

犬の看病に傷病手当、裁判所が認める 「ペットは家族」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

イタリアのローマ郊外にある公園で犬の散歩をする女性(2017年7月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANDREAS SOLARO

イタリアのローマ郊外にある公園で犬の散歩をする女性(2017年7月28日撮影、資料写真)。(c)AFP/ANDREAS SOLARO

【10月12日 AFP】具合の悪い愛犬の面倒を見るために仕事を休んだイタリア人の女性が、傷病手当金の支払いを訴訟で勝ち取った。ペットへの愛情が深い国として知られるイタリアでも初の事例となった。

 女性の訴訟を支援した欧州最大級の動物愛護団体、イタリア反生体解剖連盟(LAV)の弁護団が11日、明らかにした。

 ローマ(Rome)の大学教員とされるこの女性が取得した2日の休暇について、裁判所の判事は「重要または家族に関する個人的な理由」に関連した手当の対象として扱うべきとの弁護団の主張を認めた。

 弁護団が主張の根拠としたのは、動物を遺棄して「苦しみを与えた」者に1年の禁錮刑または最大1万ユーロ(133万円)の罰金を科すとしたイタリア刑法の規定。

 LAVのジャンルカ・フェリチェッティ(Gianluca Felicetti)理事長は「金銭的な利益や労働力のために飼われているのではない動物は、実質的に家族の一員であると認めることに向けた、非常に大きな一歩だ」と述べている。(c)AFP


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加