AERA dot.

スペイン東部で2件目の車突入、7人負傷 「テロ容疑者」5人射殺

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

スペイン東部カタルーニャ自治州のカンブリルスで、歩行者らに車が突入する攻撃に関連しているとみられる自動車を調べる警察官ら(2017年8月18日撮影)。(c)AFP/LLUIS GENE

スペイン東部カタルーニャ自治州のカンブリルスで、歩行者らに車が突入する攻撃に関連しているとみられる自動車を調べる警察官ら(2017年8月18日撮影)。(c)AFP/LLUIS GENE

【8月18日 AFP】(更新、写真追加)スペイン東部カタルーニャ(Catalonia)自治州のカンブリルス(Cambrils)で18日未明、車が歩行者らに突っ込み、7人が負傷した。うち1人は重体。警察は車に乗っていた5人を射殺した。地元政府などが発表した。同州では数時間前に州都バルセロナ(Barcelona)で同様の車突入事件が起きたばかりだった。

 カンブリルスはバルセロナの南約120キロにある海岸リゾート都市。事件当時、被害者らは海辺の遊歩道にいた。カタルーニャ州政府の報道官は「アウディA3(Audi A3)に乗ったテロリストとみられる5人が何名かをはねた。その後パトロールしていた警官と出くわし、銃撃戦になった」と述べた。

 警察によると、射殺した5人の中には爆弾ベルトとみられるものを着用していた者もいた。

 飲食店の従業員(20)は銃撃音を聞いた後、1人が「頭部を銃で撃たれて」地面に横たわっているのを見たと証言。友人らが必死に助けを求めていたという。

 緊急対応当局は「負傷者のうち1人が重体」と明らかにした。

 バルセロナでは前日、繁華街で車が群衆に突っ込んで13人が死亡、100人以上が負傷した。警察は、カンブリルスで射殺した「テロリストたち」がバルセロナの事件と関わっている可能性もあるとみて調べている。

 カタルーニャ州警察はこれに先立ちツイッター(Twitter)を通じ、「テロ攻撃の可能性」があるとしてカンブリルスで作戦を実施していると発表。住民らに屋内にとどまるよう呼び掛けていた。(c)AFP


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます


このエントリーをはてなブックマークに追加