AERA dot.

米中は「経済戦争中」とバノン氏、北朝鮮問題は「前座」

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News#北朝鮮

米首都ワシントンのホワイトハウスの記者会見場に現れた、スティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問(2017年3月13日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

米首都ワシントンのホワイトハウスの記者会見場に現れた、スティーブ・バノン首席戦略官・上級顧問(2017年3月13日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

【8月17日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の側近、スティーブ・バノン(Steve Bannon)首席戦略官・上級顧問は16日、米メディアとの電話インタビューで、米国は中国との「経済戦争」の最中であり、北朝鮮の核開発をめぐる対立は「一つの前座に過ぎない」と述べた。

 経済における米国第一を主張するバノン氏は、左派系インターネットメディア「アメリカン・プロスペクト(American Prospect)」のロバート・カトナー(Robert Kuttner)氏に対し、「私にとっては中国との経済戦争が全てだ。われわれはそれに全身全霊を傾けなければならない」と語った。

 バノン氏はこのところ、トランプ大統領との関係がぎくしゃくしていると報じられている。率直で自由奔放なインタビューでは、バージニア(Virginia)州での白人至上主義者らと反対派の衝突をめぐるトランプ大統領の発言に揺れる政権の内紛にも言及した。

 右派ニュースサイト「ブライトバート・ニュース(Breitbart News)」の元会長で、当時は白人至上主義を増長させるような論調を推進してきたバノン氏だが、今回の一件ではトランプ氏の擁護的な姿勢とは一線を画し、白人至上主義者らへの軽蔑をあらわにした。

「民族主義的なナショナリズムは負け犬だ。非主流派にすぎない。メディアが大きく取り上げすぎているのだと思う。粉砕してしまわなければならない、もっと叩き潰す手助けをしなければ」とバノン氏は述べ、白人至上主義者たちを「道化者の集まり」とこき下ろした。

 また、トランプ氏が北朝鮮に対し、米国への脅しを続けるのであれば「炎と怒り」で報いを受けることになると警告したことについては、「(北朝鮮の核の脅威に対する)軍事的な解決策はない。忘れていい」とバノン氏は述べた。

 その上で、米政権内で対中貿易における強硬路線を主張する自身の闘いに言及し、北朝鮮問題での誠実な仲介役を中国に期待するというわなに陥ってはならないとして、「われわれは中国と経済戦争の最中だ」「われわれのどちらかが25~30年後に覇権を握る。このまま行けば彼らの勝ちだ」などと持論を展開。北朝鮮問題も「彼ら(中国)がついでにわれわれをつついているだけだ。一つの前座に過ぎない」と語った。(c)AFP


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます

   北朝鮮 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加