AERA dot.

米国を攻撃すれば「心から後悔するだろう」 トランプ大統領、北朝鮮へ警告

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国のドナルド・トランプ大統領。ニュージャージー州ベッドミンスターで(2017年8月8日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

米国のドナルド・トランプ大統領。ニュージャージー州ベッドミンスターで(2017年8月8日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

【8月12日 AFP】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は11日、北朝鮮が米国に対し敵対行為を取れば「心から後悔することになる」と述べて、北朝鮮に対する圧力を一層強めた。

 北朝鮮が核弾頭の小型化に成功したと米メディアが報じたことなどを受け、トランプ大統領はここ1週間、北朝鮮との舌戦を繰り広げてきた。

 一方でトランプ大統領は外交的解決の選択肢も残しているようで、北朝鮮について中国の習近平(Xi Jinping)国家主席と11日夜に電話会談を行うと述べた。(c)AFP/Anita Chang Beattie


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます


   ドナルド・トランプ , 北朝鮮 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加