AERA dot. 5th anniversary

空飛ぶ車はいかが? 予約受付始まる

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

モナコの「トップ・マルケス・モナコ」で展示された空飛ぶ車「エアロモービル」(2017年4月20日撮影)。(c)AFP/VALERY HACHE

モナコの「トップ・マルケス・モナコ」で展示された空飛ぶ車「エアロモービル」(2017年4月20日撮影)。(c)AFP/VALERY HACHE

【AFP=時事】空を飛ぶ車なんて、SF世界だけの話だと思うかもしれない。しかし、地中海に面したモナコで20日から始まった富裕層向け展示会で、空飛ぶ自動車の試作車がお披露目された。

 高級車やスーパーカーなどの展示会「トップ・マルケス(Top Marques Monaco)」で紹介されたのは、オランダとスロバキアの企業がそれぞれ開発した2台。スロバキアのエアロモービル(AeroMobil)社の広報は「今日から予約を受け付け、納車は(規制当局からの)承認を得た後の2020年を予定している」と、AFPに語った。

 同社開発の空飛ぶ車「エアロモービル」は全長6メートルの普通の四輪自動車だが、折り畳み式の翼を広げると2人乗りの小型飛行機に姿を変える。時速260キロで飛行し、航続距離は750キロ。価格は、オプション機能をどこまでつけるかによって、120万~150万ユーロ(1億4000万~1億8000万円)。
【翻訳編集】 AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます


このエントリーをはてなブックマークに追加