dot.[ドット]

女性工作員は北朝鮮が「好んで使う武器」、脱北した元軍人が指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 2017/2/17 13:19)

北朝鮮の「朝鮮民主女性同盟第6回大会」の参加者たちに出迎えられる金正恩朝鮮労働党委員長。北朝鮮国営の朝鮮中央通信が配信(撮影日、撮影地不明、2016年11月23日配信)。(c)AFP/KCNA VIA KNS

北朝鮮の「朝鮮民主女性同盟第6回大会」の参加者たちに出迎えられる金正恩朝鮮労働党委員長。北朝鮮国営の朝鮮中央通信が配信(撮影日、撮影地不明、2016年11月23日配信)。(c)AFP/KCNA VIA KNS

【AFP=時事】毒物で武装した美貌の女性暗殺者は今や北朝鮮が「好んで使う武器」だ──金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで殺害された事件を受けて、韓国に亡命した脱北者で著名な北朝鮮専門家の安燦一(アン・チャンイル、An Chan-Il)氏が16日、AFPに語った。

「私たちは、近付いてくる若い女性を常に警戒している」と安氏は言う。北朝鮮政府が「復讐のために送って来た暗殺者かもしれないからだ」  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur International Airport)でスパイ小説のような手口で暗殺された事件について、韓国政府は北朝鮮の工作員による犯行とみている。マレーシア警察はこれまでに、女2人と男1人を逮捕している。

 北朝鮮の元軍人で1979年に韓国に亡命した安氏は現在、北朝鮮の独裁体制を厳しく批判する専門家として知られる。同氏は韓国政府から厳重な警護を受けていた脱北者8人のうちの1人だ。正男氏の殺害後、厳重警護の対象となる脱北者の数は20人に増えたと同氏は言う。

 安氏によれば、北朝鮮では近年、男性工作員が情報収集や情報提供者との関係構築の任務に就けられるケースが目立ち、「女性工作員らが毒殺の訓練を受けている」と言う。


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます


   北朝鮮 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加