AERA dot.

「毛皮を買わないで」寒空の下 パンツ一枚で抗議、フランス

このエントリーをはてなブックマークに追加
AFPBB News

フランス東部ストラスブールで、「赤裸々な真実:毛皮は殺害行為」と書かれたプラカードを手に毛皮売買に抗議する動物愛護団体「アニマルザス」のメンバー(2017年1月14日撮影)。(c)AFP/FREDERICK FLORIN

フランス東部ストラスブールで、「赤裸々な真実:毛皮は殺害行為」と書かれたプラカードを手に毛皮売買に抗議する動物愛護団体「アニマルザス」のメンバー(2017年1月14日撮影)。(c)AFP/FREDERICK FLORIN

【AFP=時事】フランス東部ストラスブール(Strasbourg)で14日、動物愛護団体「アニマルザス(Animalsace)」の活動家たちがパンツ一枚の姿で「毛皮を買わないで」「赤裸々な真実:毛皮は殺害行為」などと書かれたプラカードを掲げて、毛皮の売買に抗議した。
【翻訳編集】 AFPBB News


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加