AERA dot.

iPhone誕生から10年、スマホ革命続く

このエントリーをはてなブックマークに追加

米サンフランシスコで開催されたマックワールドカンファレンスでiPhoneを手に登場した故スティーブ・ジョブズ氏(2007年1月9日撮影)。(c)AFP/TONY AVELAR

米サンフランシスコで開催されたマックワールドカンファレンスでiPhoneを手に登場した故スティーブ・ジョブズ氏(2007年1月9日撮影)。(c)AFP/TONY AVELAR

【1月9日 AFP】米アップル(Apple)のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の誕生から9日で10年となった。誕生以降、スマホは世界に変化を与え続けているが、当のアップルには次なる一手が求められている。

 同社の共同創業者、故スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が2007年1月9日に発表したiPhoneは、モバイル・コンピューティングとそれを中心とする関連産業に舞台を提供した。

 スマホ市場は当時、カナダの携帯情報端末大手ブラックベリー(BlackBerry)のキーボード付き端末に独占されていたが、アップルはMP3プレーヤー「iPod(アイポッド)」の成功を基に、タッチスクリーンを備えたスマートフォンを開発した。

 ジョブズはiPhone開発のアプローチについて、リベラルアーツとデザイン、テクノロジーの融合と説明した。

 アプリに重点を置くiPhoneが、ツイートや画像投稿、スマーホ向け拡張現実ゲーム「ポケモンGO(Pokemon Go)」、ライブストリーミング動画などにユーザーを急速に向かわせることになろうとは、当時は誰も予想していなかった。

 米調査会社ガートナー(Gartner)のブライアン・ブラウ(Brian Blau)氏は、米ラスベガス(Las Vegas)で8日に閉幕した世界最大級の家電見本市「国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(International Consumer Electronics Show、CES)」で、「アップルはアプリを通じて、モバイルコンピューティングのプラットフォームを消費者のポケットの中に持ち込むことを可能にした」とAFPの取材に語った。


トップにもどる AFP記事一覧

掲載されたすべての情報は、記事作成時点のものです

Copyright 2017 AFP 記事の無断転用を禁じます



このエントリーをはてなブックマークに追加